2019年12月11日

黒塗りの入管実務

大家好!!(^_^)/

今天、税理士的先生馬上就快到事務所了。
之後会有会議(*∩_∩*)

佐藤先生、毎年この季節になると、勉強会・研修会の出席回数がかなり増えてきます。

最近も、随分盛んに出掛けられているのですが、在留資格申請手続などの入管実務では、何よりも最新の情報や運用の動向が大切だと仰います。

先生曰く「入管実務の分野では、2〜3年前の知識や考え方は、全く通用しない。化石みたいだよ」と。

つい先日も、ある地方入管局でお聞きした話ですが、時々、こう言った問題が起こるようです。お聞きした事案は、1年前とほぼ同じ申請内容なのに、何故か「不許可」になったと言う話題です。

一般の方(個人・会社)が本人で申請されている場面のようですが、どうして前回「許可」されたのに、今回は「不許可」となるのか理解してもらえず、対応に苦慮しているとのことでした。

申請人側からすれば、前回「許可」で、今回「不許可」なのですから、納得できないのは極めて当然なことだろうと思います。

しかし、入管当局側の考え方は違うのです。まさに冒頭で、佐藤先生が仰っていた通り、入管分野のスピードはあまりにも早くて、あっという間に考え方も変わり、全く通用しなくなってしまいます。

入管当局側からすれば、実務の運用が変わったのだから、結果(許可・不許可)が異なるのは当たり前のこと、ただそれだけなのです。

でも、先生「問題な点もある」と仰います。

私たち佐藤行政書士事務所で、ずっと継続して担当させていただいている会社のお客様です。これまで同じ方法で手続を行ってきており、僅か数ヵ月前までは何も問題がありませんでした。

しかし佐藤先生、勉強会や研修会、その他の様々な実務の場面を通じて、最近の実務動向が大きく変わっていることに直感し、急遽、手続の方針を大きく見直されました。今までと同じ手続方法では「不許可」となり、その結果、お客様に大きな損害が発生する危険があったからです。

案の定、つい最近、本庁(出入国在留管理庁)から各地方入管局宛へ出された内部文書により、従来の扱いを大幅に変更することを指示する通知があったようです。

佐藤先生、一番のポイントは「このような扱いの変更について、入管当局は公表したり、行政書士会を含めた関連団体等へ案内することは一切なく、全て黒塗りの世界の中で動いているため、外部からは正確な情報を知ることができないことだ」と話されます。

ですので、このお客様のケースも、先生が実務の動向が怪しいと気付かなければ、これまでと同じ方針で手続を行なっていました。その結果「不許可」となり会社様の事業計画が狂い、大きな損害が発生してしまっていたはずです。

専門家の先生方でさえ、正確な情報を把握するのに苦労されるのですから、冒頭のような場面で一般の方々が理解できないことのほうが、むしろ当たり前のように感じます。

佐藤先生のお知り合いの行政書士先生が、このような黒塗りの公表しない入管当局のやり方を「当局の自信の無さそのものの姿だ」と批判されていますが、全くその通りだと思います。

専門家として入管分野を扱う先生方は、常に、最先端の実務を把握して、情報を収集し、勉強していかなければならないはずです。しかも、黒塗りの公表されない世界の中で実務が動いているのですから、情報収集そのものさえ容易な事ではありません。

佐藤先生の姿を見ていると、この入管実務の分野で、真の専門家として活躍されることは、本当に大変なことだと、つくづく感じます。

因会議内容較多、予定的忘年会被中止了。
先生們真的很忙。辛苦辛苦 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 17:54| 行政書士秘書の日記

2019年12月04日

お客様との向き合い方

大家好(^^)

天気変得越来越冷了。
周囲処処聴到「年内」「交貨」等単詞 (^_^)V

先日、あるお客様が久しぶりにご連絡をくださいました。どうやら日本人の奥様とご相談して、そろそろ永住ビザ申請を進めていきたいとお考えになられているご様子です。

不思議なことに、同じ頃、佐藤先生も、ちょうどお客様のことを考えていたらしく、あまりの偶然にビックリしました。新幹線で通過した駅が、たまたま奥様のご実家の近くだったので、お二人はどうしているかな?と思い出していたそうです。

そんな話をお聞きして、やっぱり佐藤先生は、凄い先生だなと、改めて思いました。

これまで、私たち佐藤行政書士事務所で担当させていただいてきたお客様は、たくさんたくさんいらっしゃいます。

それなのに、出張で乗車していた新幹線の中で、たまたま通過した駅名を目にして、お客様の奥様のご実家近くだと、瞬時に思い浮かべられるのは、普通ではないように思います。

私、先生に「凄いです」とお話しましたら、続けて「奥様のお父さんは公務員のお仕事、そんなお父さんに育てられたから、とても真面目な女性なんだよ」と (◎o◎)/ 私、ただ唖然とするばかりです。

佐藤先生はいつも「日本に在留する外国人にとって、ビザは命の次に大切なもの。お客様の人生そのものを扱う自覚と覚悟が必要だ」と仰います。

私、先生はその言葉通りに実践されているのだと思います。真剣そのものでお客様と向かい合っているからこそ、一度頭に入った事が、なかなか抜け出ていかないのだと思いました。

他にも、韓国の地名が店名になっている焼肉店では、○○様(お客様)の出身地で、江南(ソウル)のバスターミナルから高速バスで行けるとか、その途中には、○○様(別のお客様)の実家があるとか、もう止まりません(>﹏<)

つい先日も、先生が所属されている日本FP協会の研修会で講演者の大学教授のお名前をご覧になり、○○様(さらに別のお客様)の留学生当時の指導教官の先生だ!と呟いていました。

もちろん、全ての事を頭の中に記憶されている訳ではありませんが、物凄い情熱と熱量をもって、お客様と向き合われていることは間違いないです。

私も佐藤先生の事務所で勉強できることがたくさんあります。もっともっと頑張っていきたいです!!!

2019.12.4.jpg

お客様から、お土産を戴きました。
地元の名店です。どうもありがとうございます m(_ _)m

佐藤先生、很喜歓的様子。一直都在説好吃好吃!(^^)
posted by ビザ・バンク at 17:59| 行政書士秘書の日記

2019年11月27日

今週も出張です。

大家好!!(^_^)/

十一月即将結束、下週已是十二月。
一年很快也将過去(>﹏<)

佐藤先生、北海道出張から戻って来られました(*∩_∩*)

今回の出張では札幌を拠点に、旭川や紋別方面、オホーツク海沿岸まで北海道をぐるっと周られました。

2019.11.27-1.jpg

旭川では、旭川入管札幌出入国在留管理局旭川出張所)へ出掛けられました。

2019.11.27-2.jpg

こちらが合同庁舎の正面玄関。この日、東京では最高気温が20度を超えてました (◎o◎)/

2019.11.27-3.jpg

北海道らしい!?旭川市内を走る国道です。まだ11月なのに・・・。

2019.11.27-4.jpg

それがなんと、オホーツク海沿岸では、ほとんど雪が無くなってしまいます。

2019.11.27-5.jpg

北海道でも海沿いの地域は、あまり積もらないそうです。

2019.11.27-6.jpg

やはり先生、締めは旭川ラーメンですね。地元の有名店だそうです。

2019.11.27-7.jpg

長距離移動もあって、佐藤先生、先週は丸々北海道へ出掛けられていました。

週明け、ようやく戻って来られたと思ったら、今度は大阪へ。先生、只今、大阪出張中です。

大阪でも重要なミーティングがありますので、気が抜けません。本当にお疲れ様です m(_ _)m

我的故郷瀋陽市和札幌市是姉妹城市。而且旭川市和哈爾賓市也是姉妹城市!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2019年11月20日

目黒川みんなのイルミネーション/2019

大家好(^^)

佐藤先生、現在正在北海道出差中。
以札幌為拠点、往旭川、御子突海沿岸方面出発了。

今年も、この季節になりました (^_^)V
目黒川みんなのイルミネーションです。

2019.11.20-1.jpg

私たち佐藤行政書士事務所の地元、大崎・五反田エリア(東京都品川区)では、毎年、“みんなで咲かせよう冬の桜”といって、目黒川沿いの桜並木道に、LEDライトで、桜の花を咲かせるイベントを開催しています。

2019.11.20-2.jpg

両岸で総延長が約2.2kmもあるそうです。

2019.11.20-3.jpg

約40万個の桜色LEDで、今年も山手線内側で最大規模なんだそうです。

2019.11.20-4.jpg

近くから見ると、こんな感じです。

2019.11.20-5.jpg

“みんなで咲かせよう”というのは、地域の方々から廃食油を回収して、100%自家発電でイルミネーションを点灯しているという意味で、「エネルギーの地産地消」なのだそうです。

2019.11.20-6.jpg

来年1月5日まで、毎日17時から22時まで点灯しています。

事務所からも、すぐ近くですので、ご来所の際には、どうぞ立ち寄ってみてください。お奨めです!(^^)

聴説北海道的気温已是摂氏零度以下、已経有積雪 (◎o◎)/ 加油!!!
posted by ビザ・バンク at 18:10| 行政書士秘書の日記

2019年11月13日

永住ビザのご相談

大家好 o(^_^)o

佐藤先生、明天一早開始健康診断。晩飯要早点吃、所以正在準備回家(*^_^*)

ここ最近、何度も取り上げているテーマなのですが、永住ビザのご相談が本当にたくさん寄せられます。

今年5月末に「永住許可に関するガイドライン」が一部改定され、その後に実務上の大きな変更が公表されたことは、このブログ「秘書日記」でも、ご紹介してきました。

この頃から、私たち佐藤行政書士事務所では、永住ビザのご相談が、普段にも増して、多くなっています。

それに、それまでとは明らかに違う特徴があります。皆様、兎に角、まずは相談したいというご様子が強いです。

私たちの事務所に相談にお越しになられるお客様は、皆様、永住許可ガイドラインが改定されたこと、実務上の大きな変更があったことをご存知の方ばかりです。

もっと言えば、実務上の大きな変更のポイントは、住民税や公的保険の納付状況について、納付の有無だけでなく、本来支払うべき適切な時期に納付していたかどうかまで、過去に遡って領収証書や公的な記録等を提出することになったことなどもご存知です。

そこまでご存知の上で、今回新たに提出することになった資料を十分に用意できないかもしれないとお考えになられて、まずは、どうすれば良いのか、ご相談されたいと言うお客様です。

それに相談者の方々の特徴もあります。皆様、優秀な方ばかり、高学歴であったり、一流企業にお勤めです。日本語能力がとても高い方ばかりで、ビックリしています。

皆様、キャリアアップの場面など、どうやら転職や起業、海外転勤等による一時的な出国と言った機会が多いようで、新たに提出しなければならなくなった資料をどうやって用意できるか、ご不安な様子です。

佐藤先生「お一人おひとりの場面は、皆様それぞれ違う」と仰います。

まずは、それぞれ提出を求められている資料を分類し、どの資料をどれだけの期間分用意しなければならないかを整理すること。

用意できない資料があれば、どうして用意できないのか、他に代替できる同等の資料は存在するかを検討すること。

さらに重要なポイントは、入管当局側が各資料の提出を求める理由(趣旨)を考えて、どのような説明や資料を補えば、ご自分にとって不利益にならないかをよく検討することだと話されます。

先生もご相談の際は、このような観点から、お一人おひとりの場面ごとに当てはめて、アドバイスをされています。

未だ未だしばらくは、このような状況が続きそうな様子です。また機会がありましたら、このブログでもご紹介したいと思います (^_^)V

佐藤先生很少有這個時間回家、真的很不適応 (◎o◎)/
辛苦了!!!
posted by ビザ・バンク at 18:12| 行政書士秘書の日記

2019年11月06日

盛岡でも幸福了。

大家好!!!

已経進入十一月了。這里東京、最近朝晩也変得冷了。

佐藤先生、先週は盛岡へ出張でした(*∩_∩*)

2019.11.6-1.jpg

お客様の在留資格申請手続のため、仙台出入国在留管理局盛岡出張所(盛岡入管)へ出掛けられたり、会議のためにお客様を訪問されました。

2019.11.6-2.jpg

盛岡入管は窓からの眺めがとても綺麗ですね。もう直ぐ、こちらの山も雪景色に変るそうです。

佐藤先生はかなり暑がりなので、東京の事務所では、つい最近まで、時々冷房を入れていましたが、さすがに盛岡は寒かったようです (◎o◎)/

2019.11.6-3.jpg

もう一組、今回の出張で、久しぶりに再会されたお客様もいらっしゃいます。先生、1年半ぶりくらいになります。

2019.11.6-4.jpg

こちら、地元の人気店です。お客様がわざわざ連れて行ってくださいました。

2019.11.6-5.jpg

漢字で書くと「海鞘」だそうです。皆様、ご存知ですか?

写真右側のお料理で「ホヤ」と読みます。貝でも魚でもない、海の生物(!?)なのだそうです。

盛岡が有名で、先生、お刺身で召し上がられました。「お酒がどんどん進んでしまう」らしいです(>﹏<)

相変わらず「幸福了、幸福了」と大満足そうなご様子なのですが・・・。

お客様は日本人と中国人のご夫婦、穏やかで物静かなお二人ですから、先生、一人で喋りまくっていたのではないかと、心配です・・・(`д´ ╬ )

佐藤先生、最近一直感冒。大家也請注意身体!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:11| 行政書士秘書の日記

2019年10月30日

先生、大大大感激です!!

大家好!!(^_^)/

聴説今天十月三十日是吃生鶏蛋飯的日子!
不知大家聴説過嗎??

先日、私たち佐藤行政書士事務所でビザ申請手続を担当させていただくようになり、もう10年近くになるお客様からお電話をいただきました。

こちらのお客様は東南アジア出身の女性です。初めて、佐藤先生がお会いした時は、ほとんど日本語を話すことができませんでした。

でも、当時から大変積極的な方で、一生懸命、不慣れな日本語で説明してくださいましたことをよく覚えています。

当時「私、頑張る。日本語出来るようになると、コンビニとか牛丼屋さんでアルバイトできるから」と話されていたのが、とても印象的です。

その後、日本語学校へ通ったり、通信コースで大学へ通われたり、大変努力されてきました。

段々と日本語が上達し、「私、書き順を習った。だから、漢字書けます」と言って、先生の前で、漢字を書いてくださいました。

何年か前から「私、いま〇〇にいます」と、日本全国色々な場所から電話を掛けてくれるようになりました。

インバウンドの波に乗り、本国の観光客の通訳・コーディネーターとして日本全国へ案内する仕事に就かれました。

その頃から、佐藤先生「電話で話しても、十分に通じるようになった」とめちゃめちゃ喜んでいらっしゃいました。

それが、先日、久しぶりにお電話をいただき、最近、新しく自分でお店を持たれたとのことです。なんとオーナー様になられたそうなのです。

お客様「私、先生に相談したいこと、いっぱいいっぱいある」と話してくださいました。

もう、佐藤先生、大大大感激です!!!

これまで、困難な問題がたくさんありました。それを乗り越えながら、どんどん成長されていくお客様のことが、嬉しくて仕方がないのです。

先生、お客様との久しぶりの再会をとても楽しみにされています。

どんなご相談になるのでしょうか!?夢が膨らみます。

2019.10.30.jpg

高級食パンをいただきました。行列のできるお店で、わざわざ買って来てくださったそうです m(_ _)m

耳まで柔らかくて、凄く美味しいですね。
高級な味がしました (◎o◎)/

来日本之前、我从未想過吃生鶏蛋飯。日本的品質和衛生管理的確很好 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 19:07| 行政書士秘書の日記

2019年10月23日

初めての経験

大家好(^^)

佐藤先生、从現在開始去参加会議。剛剛出去了。

佐藤先生が行政書士登録されたのは、今からもう20年以上前の1998年でした。

当時を振り返って、先生「相談されたことは、何だって、必死に調べて勉強したよ」と話されます。

開業後、初めてご紹介をもらえた社長様から、ある届出手続のことを相談したいとお聞きすると、ご面談の当日までに、専門書を購入して、全部読込んで、頭の中に入れていったそうです。

他にも未知の相談があると、常にその専門書籍を購入したそうです。いま事務所の本棚にある本の中には、その時に購入したものがたくさんあります。

その後、段々と専門分野を絞り込んでいき、現在の在留資格申請手続や国際結婚等の渉外戸籍事件など外国人や雇用企業様向けの法律専門サービス業務を中心とするスタイルに確立していきました。

もちろん私たち佐藤行政書士事務所は法律を扱う仕事ですので、個人のお客様などから相続や遺言、離婚手続、不動産関係と言った市民法務分野のご相談やご依頼も、多く寄せられます。

佐藤先生「もう20年以上になるからね、入管業務は当然だし、市民法務分野もほとんど全て扱ってきたと思うよ」と仰います。

それがそうだったのですが、つい先日、20年以上で、初めてとなる経験をされることになったのです (◎o◎)/

そのお客様は、佐藤先生とは10年以上のご関係になる女性の社長様で、会計業務を先生が親しくされているご友人の税理士先生が担当されています。

そんな社長様ですが、この度、保有株の大部分を譲渡して、社長職を退かれる決断をされました。今後は、一株主として、会社を見守られるご意向です。

以前にも株式を譲渡されたことがあるとお聞きしていましたので、社長様が株券をお持ちでないとは、両先生とも全く考えていませんでした。

既に株主総会や事業承継の日程は固まっています。でも株券が無ければ、株式譲渡契約を行なうことができません。

税理士先生曰く「緊急だし、専門の印刷会社に注文すると、株券を印刷するのに何十万円も掛かる」と。

佐藤先生「そもそも、その費用は予定していないし、金額も高すぎる」。

しかし、日程は変更できず、かと言って株券が無ければ契約は成立しません・・・・もう八方塞がりです (☍﹏⁰)。

そうしたら、先生、何を考えているのでしょうか!?突然「分かった。僕が株券を作る」と仰るのです。

佐藤印刷工房(!?)がお客様の株券を作ると言うのです。もちろん、先生、株券なんて作ったことはありませんし、私たちの事務所に、株券印刷用のソフトウェアだってありません。

税理士先生は「私は無理」と仰るのですが、それが普通だと思います。

どうなるのかと心配していたら、もうびっくりです。佐藤先生、なんとWORDでお客様の株券を作り始めました。

2019.10.23.jpg

どんな物が出来上がるのか、冷や冷やしていたのですが、これがなんとも良い感じに仕上がっているのです (^_^)V

先生「20年以上の実務経験の中で、株券を作ったのは初めてだ」って。「まだまだ奥が深いね」なのだそうです。

現在我都好惊訝。居然自制股票。各位覚得怎様??
posted by ビザ・バンク at 18:06| 行政書士秘書の日記

2019年10月09日

留学生の在留資格変更手続

大家好!!(^_^)/

現在、正好有顧客来、佐藤先生和顧客有面談。委託的手続已完了、是向顧客報告(*∩_∩*)

ところで、最近、私たち佐藤行政書士事務所では、留学生の方から在留資格変更手続のご相談が、随分多く寄せられていますので、いくつかお話したいと思います。

留学生の在留資格変更手続と言えば、何と言っても、卒業を控え、就職先が決まり、技術・人文知識・国際業務ビザ等の就労ビザへ変更する場面を思い浮かべます。

でもそれは、毎年、年末から翌3月くらいへ掛けて集中しますから、今頃とは、ちょっとタイミングが違います。

ここ最近寄せられているご相談に共通しているのは、なんと「退学」なんです(>﹏<)

日本語学校を卒業し、大学や専門学校へ進学されたのですが、出席日数が足りないなどの理由で、退学してしまっています。

とくに、この時期は、長期の夏休みが過ぎた後だったり、休み前には前期試験もありましたので、様々な事情があるようです。長期休暇中は、普段よりも長時間のアルバイトができることも関係しているかもしれません。

出身国も中国、台湾、ネパール、ベトナムなど色々なのですが、様々な事情の中で、折角進学された学校を退学されています。

ただ、皆さま共通しているのは、このまま日本に居たいというご希望です。

たとえば、あるお客様は、このまま日本で就職したいので、就職活動ができるように特定活動ビザへ在留資格変更を希望されます。また別のお客様は、日本人と結婚する予定があると配偶者ビザを希望されています。同国人同士のご結婚もあり、家族滞在ビザも候補に挙がります。

いずれのケースでも、留学ビザから、それぞれの在留資格へ変更手続を申請すること自体は可能だろうと思うのですが、それと「許可」されることとは全く別になります。

それぞれ個々の事案ごとに、これまでの在留状況がどうであったのか、退学に至る事情や経緯は、どのような事であるのか等、1つ1つの事案ごとに、具体的に検討していかなければなりません。

結婚を念頭にした配偶者ビザ家族滞在ビザへの在留資格変更手続では、そのお相手の方との出会いや交際状況なども重要な事実関係になります。

ご相談者様の中には「申請」できることと「許可」される見込みがあることの違いをはっきり意識されていない方々も居られますので、そんなときは、とても心配になってしまいます。

それから・・・

時々、永住ビザをご希望される方もいらっしゃるのですが、通常、退学した元留学生(留学ビザ)が永住ビザへの変更を許可される可能性はまず無いので、あまり深刻に悩むことはないのだろうと、佐藤先生、仰います。

之後、佐藤先生有外出的予定。
有一点感冒的様子、好担心!(^^)

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、先生の神奈川出張に同行することになりましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 17:55| 行政書士秘書の日記

2019年10月02日

国慶節/2019

大家好(^^)

国慶節快楽!迎来七〇周年了!!!

昨日から、私の母国中国では国慶節の大型連休が始まりました。国慶節は、日本で言えば建国記念日のことなのですが、中国では10月1日の当日を含めて、大体1週間くらいの連休になります。

中国人がよく利用している大手旅行サイトを調べてみましたら、国慶節の旅行先ランキングは、今年も日本が1位になっていました(*^_^*)

多くの中国人にとって、日本は近くにある、短時間で行ける先進国で、憧れの国です。今年の人気1位は大阪、北海道もTOP5に入っていました。

そんな国慶節も日本での生活が長くなると、すっかり忘れてしまいますね。最近では、中国の家族や親戚に言われて「あっ、そうだった!」と思い出すくらいです(>﹏<)

それに、今でこそ、最大の旅行シーズンなんて言われますが、私たちの小さい頃は、皆同じだと思うのですが、町全体が豊かではありませんでしたから、旅行に出掛けたという記憶は、ほとんどありません。

それが今では、国慶節の期間に延べ700万人の旅行者が海外へ出掛けるそうです。国内旅行も盛んで、北京や上海に限らず、人気エリアが多様化しているとのことでした。

今年は建国70周年となる節目の年を迎えるため、各地で様々な行事が開催されていますが、その一方で、香港では民主化を求める抗議活動・大規模なデモ行進が行われています。

8月に香港を訪れた観光客は「前年比4割減」と言う報道もあり、過去最大級の落ち込みを記録しました。外務省の危険情報でもレベル1になっています。

それに、佐藤先生と20年来交流されていて、今年7月にも訪問したばかり(>>こちら)の香港人会計士先生の事務所も、デモ関連の報道で、度々登場している旺角エリアにあります。

佐藤先生も私も、会計士先生のことがとても気に掛かりますし、今後の香港情勢が本当に心配です。

来年の国慶節は、どのように迎えるのでしょうか?全く想像が付きません。

好久沒有作餃子了。週末包餃子了!?
posted by ビザ・バンク at 17:52| 行政書士秘書の日記