2017年09月20日

数年ぶりの不許可です。

大家好!!(^_^)/

各位、三連休過得好嗎?台風的影響、很是担心!!!

佐藤先生、急遽、今週末に、高松出張の予定が決まり、いま、ちょうど準備の真最中です。

と言うのも、私たち佐藤行政書士事務所で担当させていただいている案件が不許可(不交付処分)となりました。

技術・人文知識・国際業務ビザで呼び寄せるため、高松入管にて在留資格認定証明書交付申請を行なっていたケースです。

佐藤先生が受任された案件で、不交付処分となることは滅多にありませんので、私も、あまり記憶がありません。事務所の記録を調べてみたところ、ここ5年近くは、1件の不交付処分もありませんでした。

今回の案件は、以前、地元の行政書士先生がご担当されていたのですが、過去の申請手続等において、様々な問題が絡み合い、未解決のまま山積みになっていました。まず1個1個、この問題を整理していかなければならないのですが、それでも非常に厳しい審査が予想されると、先生、当初から話されていました。

申請準備に約半年、入管での審査にも半年以上の歳月が掛かりました。佐藤先生、審査期間中、何度も何度も、高松入管の審査官の方々とやり取りをされていました。

佐藤先生「もしかしたら、我々の知らない重大な事実を入管当局が握っているのかもしれない(!?)」と、冗談なのか本気なのかよく分かりません・・・(`д´ ╬ )

先生続けて「許可を得られるだけの十分な主張立証活動を行なってきているのだから、審査の過程で、当局側との間に誤解が生じているならば、しっかりと説明して、誤解を晴らしていかなければならない」と話されます。

早速、面会を申出られたところ、高松入管側からは、統括審査官がご応対してくださるとの回答をいただきました。統括審査官は、部門での各申請案件を処理する責任ある立場の上席者です。

先生、まずは、統括審査官からのご説明をしっかり聞きたいと話されています。それを踏まえて、今後の方針等を会社様と一緒に、じっくりと考えていかれるのだろうと思います。

三連休中、去了横浜的店。中国語叫「宜家家居」!?還是第一次聴説 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 18:21| 行政書士秘書の日記

2017年09月13日

永住ビザと滞在期間

大家好!!(^_^)/

看了日歴、才査覚到、今天原来是「世界的法的日子」!!

前回のブログ「秘書日記」では、私たち佐藤行政書士事務所で相談をお受けしている永住ビザの事例をお話しましたが、今回も引き続き、もう少しご紹介したいと思います。

佐藤先生、永住ビザに関連するご相談の際は、お客様から、滞在期間について、詳しくお聞きになられます。

永住ビザ申請では、10年以上在留していることが原則ですが、たとえば、定住者ビザや国への貢献が認められる事案では5年以上、その他日本人の配偶者や実子の場合等々でも、特例により、期間が短縮されています。

お客様は、もちろん当然ですが、この「10年」とか「5年」という期間にとても敏感で、意識されています。

ですので、日本に来られてから「〇年〇ヵ月」という期間は、よくご存じなのですが、他方、本国へ一時帰国されたり、第三国へ出国されていた機会は、あまり意識されていない方が多いです。

佐藤先生、永住ビザ申請を受任されると、お客様の正確な出入国歴を調査されます。そうすると、ご本人様が想像されている以上に、出国している期間が長いことが判明することもあります。

実に様々ですが、出国回数は少ないものの1回が数ヵ月〜1年単位であったり、1回あたり数日から10数日程度を頻繁に繰り返されているお客様もいらっしゃいます。

また、このことが、在留中の全般に及んでいる事案、反対に、特定の時期に集中されているケースもあります。

佐藤先生「期間を判断するにあたって、この外国に居る時間を厳密に差し引く訳ではないけれども、回数が多かったり、期間が長い場合は、注意が必要だよ」と話されます。

お客様が、出国される理由も様々です。たとえば、留学生のとき、寂しくてホームシックで、長い間休学した。家族を介護するため、仕事上の理由、婚活などなど。事案の数だけ、無制限なくらいです。

佐藤先生「このような場面では、出国理由が非常に重要。その渡航が、お客様ご自身の意思に基づくものか、それとも、お客様の意思ではどうすることもできないことか、という視点が大きなポイントになる」と話されます。

たとえば、同じ仕事上の理由であっても、会社の命令で、止むを得ず出張に行かなければならないのか、それとも、ご自身の商売で、取引先との親睦が目的、というのでは、事情が大きく異なります。

ただ、先生が仰られているのは「たとえ、お客様の意思ではどうすることもできない場面でも、そのことを客観的な資料等に基づいて立証できなければならない」と。

立証責任は申請人側にあるのだから、自己に有利な事実認定を得ようとするならば、申請人側で、積極的な主張立証活動を行うことが必要だと話されます。

佐藤先生、今天才康復、一直到昨天、在発高焼的状態下、也来事務所。還請多々保重!(^^)
posted by ビザ・バンク at 17:50| 行政書士秘書の日記

2017年09月06日

経営管理ビザから永住ビザへ

大家好(^^)

已経是九月份了。今年也已過去三分之二了。
真的很快 (☍﹏⁰)。

最近、私たち佐藤行政書士事務所では、永住ビザの話題が引切り無しに続いています。

たとえば、留学生として来日されて、滞在期間が10年前後になってくると、やはり永住ビザの話が持ち上がります。ちょうど今、私たちの事務所では、このようなタイミングのお客様がたくさんいらっしゃいます。

その中でも、何組かのお客様に共通して重なっているテーマがあり、このブログ「秘書日記」でもご紹介したいと思います(*^_^*)

お客様は、同国人同士のご夫婦で、一方(ご主人様・奥様)は既に永住ビザをお持ちです。他方(奥様・ご主人様)は会社を経営されていて、経営・管理ビザを保有されています。

そんな経営管理ビザから永住ビザ申請の場面です・・・。

会社経営では、常に、順調で安定しているとは限りませんので、永住ビザ申請の際、過去の収入等証明書を準備するにあたって、全く、何も心配が無いケースは、むしろ少ないかもしれません。

一方で、これまでの会社経営の実績があり、さらなる事業拡大等のために、銀行との融資交渉、別会社の設立などを真剣に悩まれる時期でもあり、このことが、お客様のビザとの関係で、大きく影響してきます。

こういった事業面での課題は、現在お持ちの経営・管理ビザではクリアできないこともあり、そうなれば、やはり、どうしても永住ビザというお考えに繋がります。

そんなとき、佐藤先生は「永住ビザが確実に見込めるような事案では、何も問題は無いから、もちろん永住ビザ申請に向けて準備を進めていくのが一番良い」と話されます。

しかし、このようなケースばかりではないので、そんな場面では「永住ビザでなくても、永住者の配偶者ビザについても、検討する価値は大いにある」と。

今後の経営目標について、たとえば、別会社を設立すること等、永住ビザでなくても永住者の配偶者ビザであれば、実現できることは大いにあるから、事業拡大等の課題と永住ビザ永住者の配偶者ビザとの関係をよく理解することが賢明だ、と話されています。


2017.9.6.jpg

お客様から、とても大きくて、立派な果物のお土産を頂きました。

前回ブログで、故郷の中国瀋陽に帰省したことをお話しましたが、日本の果物は甘くて、本当に美味しいです。日本に居ると忘れてしまいそうですが、改めて実感しました。

お客様、どうもありがとうございます m(_ _)m

佐藤先生、会為毎一位顧客、已最適合的方式、一起去考濾方法。這様替顧客着想的先生、真的是很少見。我也会為顧客尽最大的努力 (^_^)v
posted by ビザ・バンク at 17:52| 行政書士秘書の日記

2017年08月30日

本州人と北海道

大家好!!(^_^)/

利用暑假、回了我的故郷中国的瀋陽。過得很充実、開心。佐藤先生、謝謝了 m(_ _)m

佐藤先生も、無事、札幌出張から戻って来られました。

ところで、先日のブログ「秘書日記」で、大陸人と香港のことを話題に書いたところ、先生からも、こんな話を聞きました。

今回の出張では、地元の方々が多数出席される大事な会議の予定があったのですが、こんな時は、先生、いつも大変慎重です。

先生曰く「『東京は、〇〇です』とか『〇〇のやり方は、東京と違います』というような発言は絶対しないと、心掛けている」そうです。

「札幌には札幌の考え方やルールがあるし、僕たちはよそ者だから、どうすれば仲間に入れてもらえるか、1つ1つ学ぶよう努力している」と話されます。

それでも、なかなか難しいことも少なくなく、東京(佐藤先生)vs 札幌(地元の皆様)のような雰囲気になることはあるようです。

しかし、なんと佐藤先生、以前は、このような場面になっても、東京vs札幌に気が付きませんでした。というのも、北海道の方々は「東京」とは言わず、「本州」と話されることが多いそうです。ですので、先生のことも「東京の人」ではなくて、「本州の人」と呼ばれます。

ですので、先生、自分のことを指されているとは気が付かず、青森県から山口県まで、ずいぶん広い話をするのだな、やっぱり北海道はスケールが大きいと思いながら、聞かれていたそうです。

さすがに、最近では「本州の人は…」と指摘されるときは、自分のことだと分かるようになったみたいです (^_^)V

2017.8.30.jpg

それはそれとして、私、とってもびっくりしました。

こちら、会議で用意されたお弁当です。普段、佐藤先生は、滅多に、このようなお弁当を召し上がることはありません。

それが「さすが北海道だね、美味しかった」と仰るのです。全部召し上がって、写真まで撮られてました (◎o◎)/

佐藤先生の北海道大好きも、ここまで来ると、ちょっと異常かしら(!?)でも、だからこそ、なのでしょうか。今回も、東京vs札幌になりがちな議案の中で、しっかりと納得できる結論を導き出すことができました。

右上面看到的茶色的不是漢堡、是螃蟹。
果然是、北海道!!!
posted by ビザ・バンク at 18:15| 行政書士秘書の日記

2017年08月16日

連日、干杯です。

大家好(^^)

我們佐藤行政書士事務所、盂蘭盆節也在工作 (^_^)V

皆様、お盆休みは、いかがお過ごしですか?

佐藤先生は、お客様との打ち合わせやご相談で、お盆中も予定がびっしりです。それに、干杯(!!)も、ほぼ連日のご様子です(>﹏<)

というのも、先生、お盆明けに、札幌出張の予定があり、その前に、お客様とのお約束がたくさん重なってます。

2017.8.16-1.jpg

先生、これから事業を展開されるお客様の新しい職場を見学させてもらいました。すごく立派だと大変喜んでいます。五六度の白酒で「干杯、干杯」だそうです(>﹏<)

2017.8.16-2.jpg

前回登場の女社長様には、誕生日(8月14日)をお祝いしてもらいました。「Happy Birthday 佐藤先生」とケーキに書いてもらい、めちゃめちゃ喜んでます。

2017.8.16-3.jpg

そんな中、お客様が、ご夫婦で、事務所にお越しくださいました。夏らしい、可愛いお土産をいただきました。太謝謝了!!!

こちらのお客様、日本人のご主人様と中国人の奥様です。無事配偶者ビザが許可され、奥様が来日。少し落ち着いたからと、わざわざご夫婦で、挨拶に来てくださいました。

お二人は、学生時代の同級生で、英語も堪能な、とても優秀な方々です。ご結婚を機に、生活の拠点を日本に設けられることになりました。

前回お会いしたのは、配偶者ビザ申請の準備中でしたので、何かとご不安だったと思います。久しぶりにお会いして、穏やかそうな奥様のご様子が伝わりました。「本当に良かった」と、私も嬉しい気持ちでいっぱいです。

顧客、祝ニ位白頭皆老。我們佐藤行政書士職員一同、真誠歓迎ニ位、随時過来相談 m(_ _)m

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、担当アシスタントが夏休みをいただきましたので、お休みします。 佐藤先生も、今週後半〜来週と、札幌出張です。
posted by ビザ・バンク at 18:13| 行政書士秘書の日記

2017年08月09日

大陸人と香港

大家好!!(^_^)/

香港很熱、同様東京也很熱。
很可能是気象異常的問題、好不安。

佐藤先生、無事日本に戻ってきました(*^_^*)

やはり出張前後は、凄くバタバタしていて、先生、帰国と同時に、予定がびっしりです。

それに、今回の出張では、先生がいつも利用されているのとは別の航空会社に搭乗することになり、帰路の香港空港で、大トラブルが起きてしまいました。日本に戻ってから、今も、この問題に追われてしまっています。

先生曰く「日本の航空会社は、本当に素晴らしいと思う」。私も、本当に、そう思います。ただただ驚くばかりで、もし日本の会社でしたら、このようなトラブルが起こるなんて、遥かに想像もできません。

前回ご紹介した元留学生のアシスタントさんとも、広州で話題に挙がったのですが、香港人は、私たち大陸人を対等に見てくれていないと感じることがあります。

幼い頃、テレビで見た香港の先端的な風景や文化に憧れた大陸人は、私だけではないと思います。でも、こうやって、多くの大陸人が、香港と大陸を往来するようになった今、彼女も、こんなことを言っていました。

「先生には分からないかもしれないけど、香港人が、私たち大陸人と日本人を見るときの目は違う、そんなことを感じることがあります」と。

彼女も私も、たくさんたくさんのことを日本に教えてもらいました。本当に、心から感謝しています。

今回の香港空港での出来事も「間違っている。こんなことは、絶対に許されない」と、はっきり意識できます。香港を越え、日本から、たくさんのことを学ぶことができた私は、本当に幸せです。

2017.8.9.jpg

お客様から、佐藤先生の大大大好物のメロンを頂きました。しかも、先生の大好きな北海道産です!!!

毎次都真的很感謝、這位女社長 m(_ _)m
佐藤先生高興的説、下次和這位女社長、一起乾杯!(^^)
posted by ビザ・バンク at 17:21| 行政書士秘書の日記

2017年07月31日

香港・広州出張・・・その(2)

大家好!! (^_−)−☆

从香港坐広九鉄路到広州了!!!

2017.7.31-1.jpg

私の母国、中国にやって来ました。現在、広東省の広州市に滞在しています(*^_^*)

佐藤先生、ここ広州でも重要な会議がありました。この日のために、わざわざ香港人のパートナー様も参加してくださいました。

この会議は、いつも旧正月明けに開催されているのですが、日程の都合が付かず、前回、佐藤先生は出席できませんでした。先生から、挨拶も兼ねて、是非訪問したいとの要望があり、急遽の再開催となりました。個々の企業様や中国経済の現状、今後の事業計画など、色々なご報告を受けました。

2017.7.31-2.jpg

先生、広州のお仲間とも、もう20年近くのご関係です。食事をしながら、本当に嬉しそうです。

あともう1つ・・・

広州で、佐藤先生が楽しみにされていたのが、私たち佐藤行政書士事務所の元アシスタントさんとの再会です。

元留学生のアシスタントさんで、現在、広州で日系企業に勤務されています。今回、佐藤先生が広州を訪問されることになったので、是非、会いたいと声を掛けてくださいました。

2017.7.31-3.jpg

大きな庭園がある、とても素敵な飯店に連れて行ってくれました。

2017.7.31-4.jpg

佐藤先生「幸福了、幸福了」の連発です (^_^)v

2017.7.31-5.jpg

一旦、香港に戻り、それから日本に帰ります。

从下回、開始按正常向大家更新!(^^)
posted by ビザ・バンク at 00:26| 行政書士秘書の日記

2017年07月28日

香港・広州出張・・・その(1)

大家好 o(^_^)o

到香港了、好熱好熱〜

予定どおり無事香港に到着です!!!
今回は、最初の目的地、香港から現地レポート(!?)です。

まず最初に佐藤先生が向かわれたのは、香港の会計士先生です。もう20年近くのお付き合いになります。

2017.7.28-1.jpg

会計士先生の事務所は、香港の旺角(モンコック)という地域に在ります。

2017.7.28-2.jpg

ここ旺角は、香港で民主化を求め、世界中に配信された雨傘革命の中心地の1つです。今は、面影さえありませんが、当時は、この道路が黄色い傘で埋め尽くされました。

2017.7.28-3.jpg

私がいつも連絡している会計士事務所の香港人アシスタントさんとも久しぶりの再開になります。佐藤先生もお誘いして(!?)、皆でお食事をしました。

地元の人気店らしく、予約なしで行ったら、1時間限定で、やっと入店させてもらえました。

2017.7.28-4.jpg

北京ダックに小籠包とごちゃ混ぜなのですが、これが何とも美味しいです。「佐藤先生、多謝了」 (^_^)v

会議中也有提過、佐藤先生和会計士先生、已交往很多年。正確的説、已有十七年了!(^^)
posted by ビザ・バンク at 11:01| 行政書士秘書の日記

2017年07月19日

今度は盛岡出張です。

大家好!!(^_^)/

東奔西走、指得正是這個。

佐藤先生、今度は盛岡へ出張に行かれていました。

JR盛岡駅に到着すると、お客様ご夫妻が揃って出迎えてくださったそうです。先生、お客様とお会いするのは、半年振りくらいです(*^_^*)

日本人の奥様と中国人のご主人様です。今回、はじめての配偶者ビザ更新手続となります。

2017.7.19-1.jpg

お客様が、地元の人気店に連れて行ってくださいました。先生、盛岡冷麺の超有名店はご存知ですが、こちらは初めてのようです。

先生「さすが地元だね。物凄く美味しかった。」と大大満足。これからは、超有名店の方は止めることにしたそうです(>﹏<)

2017.7.19-2.jpg

無事、盛岡入管仙台入国管理局盛岡出張所)に、ビザ申請書類一式を提出されました。

前回お会いした時よりも、ご主人様の日本語がとても上達されていると、先生、嬉しそうに話されます。

もともと、勉強熱心なご主人様で、日本語能力も高い方ですが、「勉強の日本語」だけでなく「実践の日本語」がとても上達されていて、そのことが、先生、何よりも嬉しかったようです。

それから・・・・

今回の盛岡出張には、もう1つ目的がありました。

以前から、就労ビザをご依頼いただいている盛岡の会社様です。役員様からお誘いをいただき、先生、お会いになられました。

こちらの会社様は、いま大きなプロジェクトが進行中で、その経過をご報告してくださったそうです。

先生、このプロジェクトで、役員様から重要なご要望をいただきました。しっかり役割を果たすと気合十分です。

2017.7.19-3.jpg

先生、三陸の美味しい海の幸で、役員様とのお話しも弾まれたようですね!!!

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日にUPすることを心掛けているのですが、来週は、佐藤先生、香港・中国へ出張予定です。

重要な会議があるため、アシスタントも通訳として、出張に同行します。そこで、次回は予定を変えて、現地からの出張レポート(!?)をUPしてみたいと思っています。

請期待了(^_^)v
posted by ビザ・バンク at 18:21| 行政書士秘書の日記

2017年07月12日

不運な松山出張

大家好!!!

出差多的話、会発生很多的事情。這次是、這個話題。

佐藤先生、出張から戻られましたので、そのご報告なのですが、今回は、これまでの出張の中で、一番「不運」だったのではないでしょうか!?

2017.7.12-1.jpg

羽田空港を出発した飛行機は、松山空港に向かいました。順調に着陸態勢に入り、滑走路がすぐ目の前まで迫っていたそうです。

それなのに、飛行機は、突然、急上昇を開始し、上空でずっと旋回を続けます。到着時刻を遥か超えても、着陸しようとせず、挙句、どこかに向かって、エンジン全開になりました。

ようやく「松山空港に着陸できず、大阪伊丹空港に向かいます」との機内アナウンスです。同時刻のANA機は、無事着陸したそうです。

佐藤先生、お客様の在留期間更新手続のため、松山に向かいました。お客様の在留期限は翌日、1日でも過ぎれば、オーバーステイです。

陸路でも空路でも、当日、大阪から松山入管高松入国管理局松山出張所)の開庁時間に、間に合う交通手段はありません。さらに、迎えに来てくださっている会社の担当責任者様は、午後の別便で、出張される予定です。

2017.7.12-2.jpg

さすが佐藤先生です(>﹏<) 私ならパニックになってしまいそうな状況で、「大阪に来れたから、551を買えたよ」って、満足そうなご様子です。

551と言うのは、佐藤先生が、大大大好物の「豚まん」です。大阪でしか売っていなくて、先生、何度か、お土産に買ってきてくださいました。

私、佐藤先生の前向き過ぎる考え方には、ただただビックリするばかりです (◎o◎)/

それだけではありません。やはり佐藤先生は、本当に素晴らしい先生と思います。大阪滞在中、ただ豚まんを買っただけではなくて、翌日のスケジュールを全て、すぐに組み直し、改めて、翌日、松山に向かえるように段取りを組まれていました。

あれだけ多忙な先生なのに、お客様には、いち早く「先生は、必ず明日来るから、心配しないように」と連絡されていたようです。

2017.7.12-3.jpg

佐藤先生、翌日無事、松山空港に到着、松山入管にて在留期間更新手続のため、ビザ申請書類一式を提出されました。

這次的出差、有很多顧客協助調整日期。真的很感謝、太謝謝了 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 18:07| 行政書士秘書の日記