2017年07月19日

今度は盛岡出張です。

大家好!!(^_^)/

東奔西走、指得正是這個。

佐藤先生、今度は盛岡へ出張に行かれていました。

JR盛岡駅に到着すると、お客様ご夫妻が揃って出迎えてくださったそうです。先生、お客様とお会いするのは、半年振りくらいです(*^_^*)

日本人の奥様と中国人のご主人様です。今回、はじめての配偶者ビザ更新手続となります。

2017.7.19-1.jpg

お客様が、地元の人気店に連れて行ってくださいました。先生、盛岡冷麺の超有名店はご存知ですが、こちらは初めてのようです。

先生「さすが地元だね。物凄く美味しかった。」と大大満足。これからは、超有名店の方は止めることにしたそうです(>﹏<)

2017.7.19-2.jpg

無事、盛岡入管仙台入国管理局盛岡出張所)に、ビザ申請書類一式を提出されました。

前回お会いした時よりも、ご主人様の日本語がとても上達されていると、先生、嬉しそうに話されます。

もともと、勉強熱心なご主人様で、日本語能力も高い方ですが、「勉強の日本語」だけでなく「実践の日本語」がとても上達されていて、そのことが、先生、何よりも嬉しかったようです。

それから・・・・

今回の盛岡出張には、もう1つ目的がありました。

以前から、就労ビザをご依頼いただいている盛岡の会社様です。役員様からお誘いをいただき、先生、お会いになられました。

こちらの会社様は、いま大きなプロジェクトが進行中で、その経過をご報告してくださったそうです。

先生、このプロジェクトで、役員様から重要なご要望をいただきました。しっかり役割を果たすと気合十分です。

2017.7.19-3.jpg

先生、三陸の美味しい海の幸で、役員様とのお話しも弾まれたようですね!!!

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日にUPすることを心掛けているのですが、来週は、佐藤先生、香港・中国へ出張予定です。

重要な会議があるため、アシスタントも通訳として、出張に同行します。そこで、次回は予定を変えて、現地からの出張レポート(!?)をUPしてみたいと思っています。

請期待了(^_^)v
posted by ビザ・バンク at 18:21| 行政書士秘書の日記

2017年07月12日

不運な松山出張

大家好!!!

出差多的話、会発生很多的事情。這次是、這個話題。

佐藤先生、出張から戻られましたので、そのご報告なのですが、今回は、これまでの出張の中で、一番「不運」だったのではないでしょうか!?

2017.7.12-1.jpg

羽田空港を出発した飛行機は、松山空港に向かいました。順調に着陸態勢に入り、滑走路がすぐ目の前まで迫っていたそうです。

それなのに、飛行機は、突然、急上昇を開始し、上空でずっと旋回を続けます。到着時刻を遥か超えても、着陸しようとせず、挙句、どこかに向かって、エンジン全開になりました。

ようやく「松山空港に着陸できず、大阪伊丹空港に向かいます」との機内アナウンスです。同時刻のANA機は、無事着陸したそうです。

佐藤先生、お客様の在留期間更新手続のため、松山に向かいました。お客様の在留期限は翌日、1日でも過ぎれば、オーバーステイです。

陸路でも空路でも、当日、大阪から松山入管高松入国管理局松山出張所)の開庁時間に、間に合う交通手段はありません。さらに、迎えに来てくださっている会社の担当責任者様は、午後の別便で、出張される予定です。

2017.7.12-2.jpg

さすが佐藤先生です(>﹏<) 私ならパニックになってしまいそうな状況で、「大阪に来れたから、551を買えたよ」って、満足そうなご様子です。

551と言うのは、佐藤先生が、大大大好物の「豚まん」です。大阪でしか売っていなくて、先生、何度か、お土産に買ってきてくださいました。

私、佐藤先生の前向き過ぎる考え方には、ただただビックリするばかりです (◎o◎)/

それだけではありません。やはり佐藤先生は、本当に素晴らしい先生と思います。大阪滞在中、ただ豚まんを買っただけではなくて、翌日のスケジュールを全て、すぐに組み直し、改めて、翌日、松山に向かえるように段取りを組まれていました。

あれだけ多忙な先生なのに、お客様には、いち早く「先生は、必ず明日来るから、心配しないように」と連絡されていたようです。

2017.7.12-3.jpg

佐藤先生、翌日無事、松山空港に到着、松山入管にて在留期間更新手続のため、ビザ申請書類一式を提出されました。

這次的出差、有很多顧客協助調整日期。真的很感謝、太謝謝了 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 18:07| 行政書士秘書の日記

2017年07月05日

今朝から出張です。

大家好!! (^_−)−☆

已経是七月了。一年的一半都過去了。真的很快!!!

今日は、先生、朝一番から出張に向かわれました (^_^)V

出張日程がギリギリまで決まらないことが多く、今回も、出張自体の予定はあったのですが、急遽、昨日に決まりました。

佐藤先生、最近は、往路も復路も時刻表を見ながら、空港カウンターで、その場で航空券を購入されています。電車を乗る時に、駅で切符を買うような感覚で、何となく不思議です。

それに、すごく高額です。新幹線の場合、それ程違いは無いようですが、飛行機で正規運賃というのは、本当にビックリしてしまうくらいの金額です。

先生「ギリギリまで申請準備に掛けることも多いから、仕方がない」と話されます。1日でも在留期限を過ぎれば、オーバーステイになってしまいますし、ギリギリまで、申請書類の調整に時間が必要なことも少なくありません。

佐藤先生、今朝も、航空券を持たずに、羽田空港へ向かい、飛び立っていきました。先生、辛苦了(*^_^*)

話題は変わりますが、つい先日、とても嬉しい話をお聞きしました。

私たち佐藤行政書士事務所で、もう5年以上も前から、配偶者ビザを担当させていただいているタイ人のお客様が、事務所にご相談にお越しくださいました。

いつもご主人様とご一緒で、佐藤先生、お二人のことが、大大大好きです。

先生曰く「前回会ったときよりも、かなり日本語が上手になっている」と、大変嬉しそうです。

一番最初にお会いした時は、ほとんど日本語が出来ませんでしたから、ここ最近、物凄い勢いで上達されています。

つい先日も、出入国管理に関係する手続で、通訳を担当されたそうです。公式なものではないようですが、謝礼も貰えたとのこと。先生「隔世の感がある」と、大喜びです。

并且、佐藤先生高興的説、夫人痩了很多、也変得很美!(>﹏<)

posted by ビザ・バンク at 18:33| 行政書士秘書の日記

2017年06月28日

「質問書」改訂の真意

大家好!!(^_^)/

今天、从現在開始、有顧客来相談、顧客已経到事務所了。
佐藤先生、辛苦了 m(_ _)m

ところで、皆様「質問書」をご存知ですか?

日本人や永住者等の配偶者で、配偶者ビザを申請される方でしたら、よく知っていらっしゃると思います。

配偶者ビザを申請する場合、在留資格変更在留資格認定証明書交付手続の際、この「質問書」に回答することが求められています。

「質問書」は、法務省入国管理局が作成していて、ご夫婦や親族などを巡る質問事項がまとめられています。

配偶者ビザ申請を行う方にとっては、とても馴染みのある重要な資料ですが、その様式が、最近(今年6月6日)改訂されました。7月3日からは、新様式に1本化されることも公表されています。

早速、私たち佐藤行政書士事務所でも、どのような改訂があったのか確認してみたのですが、直接、質問事項に係る変更は、何もありませんでした。

従来から、「質問書」には事実に反する記入をすると、審査上不利益な扱いを受ける旨の注意書きがありましたが、それにとどまらず、“罪に問われる”という文言が、新たに書き加えられました。これが、今回の改訂内容でした。

他に、形式面を整えた箇所もありましたが、今回の目的は、まさに、この“罪に問われる”という文言を追加するためであることは明らかです。

どういうことか、佐藤先生が説明してくださいました。

先生「入管法が改正されて、新たに在留資格等不正取得罪という罰則が定められたことと関係があると思うよ」と話されます(*^_^*)

この新たに創設された在留資格等不正取得罪というのは、偽造の証明書や虚偽の資料を提出するなど、不正の手段を用いて在留資格等を取得すると、直接、入管法に定める犯罪として、処罰されてしまうということのようです。

ここにいう“不正の手段”には、積極的に嘘を付くだけでなく、知っているのに隠していた場合も当てはまります。

続けて、佐藤先生「これまでも、電磁的公正証書原本不実記録罪という刑法上の罰則で摘発してきたけど、入管法に直接罰則規定が設けられた意味は大きい」と話されます。

本当です。私も、今回の改訂が質問事項には無く、警告を挿入するために実施されたことを思うと、入管当局の強い姿勢を感じざるを得ません。

入国管理局的法律、組織都変得越来越進化。中途半端的知識和偶尓的成功体験、反尓会感到很危険的!(^^)

(当事務所サイト〜関連記事)
入国管理局への虚偽申請は処罰されないのか?
posted by ビザ・バンク at 18:13| 行政書士秘書の日記

2017年06月21日

青森出張

大家好!!(^_^)/

一週過得真的很快!!!
佐藤先生不在時、可是忙碌的一週(>﹏<)

今週は、先週からの続きになります。佐藤先生の出張ご報告です(*∩_∩*)

なんと先生、今日、ようやく戻って来られました。心配したとおり、先週末、札幌はホテルも飛行機も満杯だったそうです。

ところで、今回の出張で、佐藤先生が一番気に掛けられていたのは、青森県教育庁へのご訪問です。ここでは、そのご報告。「北海道」部分は、毎度のことですから、省略です。先生、対不起了!

2017.6.21-1.jpg

青森県教育庁は、青森県警本部庁舎内にあるそうです。先生「警察の中に教育がある」と驚かれていました。

今回のお客様は、在日米軍関係者の方です。とても特殊な事例で、ほとんど前例も無いケースでした。ようやく解決の糸口が掴めましたので、佐藤先生、担当責任者の方々と最終確認の面談を行うため、訪問されました。

相談をお受けした当初、学校教育の現場で、入管法令が正しく理解されておらず、大混乱状態でした。そのため、佐藤先生は直接、県教育庁の方々に訴え掛け、入管法令や出入国管理制度を丁寧に説明していかれました。

その結果、県教育庁から積極的な対応を得られ、問題解決に結び付きました。

2017.6.21-2.jpg

お客様から「夢のようです!」「家族一同、感謝しています。」と、本当に嬉しいお言葉をいただきました。佐藤先生も、とても喜んでいらっしゃいます。

青森入管(仙台入国管理局青森出張所)も、青森県教育庁のすぐそばにあります。

2017.6.21-3.jpg

先生、どこに行かれても、ラーメンは外しません (^_^)V

2017.6.21-4.jpg

先生「津軽ラーメン」と呼ばれていました。煮干し凝縮のスープだそうです。

2017.6.21-5.jpg

こちら、地元の有名店。先生、あちこち本当に良く知ってますね。日本全国出張で鍛えたおかげです。

<おまけ>

2017.6.21-6.jpg

先生「青函トンネルに入る前、車内放送で教えてくれた!」と、はじめての北海道新幹線を満喫したようです。

佐藤先生的辨公卓上、堆満了不在時的大量的郵件和資料。毎次都是一様、整理這些非常辛苦。佐藤先生、加油!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:43| 行政書士秘書の日記

2017年06月14日

今日は朝からバタバタです。

大家好(^^)

今天、从一早開始就很忙碌、会是忙碌的一天(>﹏<)

佐藤先生、今日、朝一番から出張に向かわれました。

目的地は青森です。当初の予定では、青森へ出掛けられて、一旦は、東京へ戻る予定でした。

だったのですが、この青森出張が少し遅れ気味になり、別件で予定されている札幌出張の日程が厳しくなってしまいました。

そこで、佐藤先生「青森県と北海道は隣同士だから!」と、東京には戻られず、そのまま北海道に向かわれることにされました。

今朝、出発されて、青森→函館を経由して→札幌に向かわれる予定です。先生「はじめて北海道新幹線に乗る!」と喜んで、出掛けられました。

そこまでは良いのですが、事務所内に残るアシスタント側は、かなりバタバタです。

と言うのも、先生、帰路の航空券を購入されていないばかりか、予約も何も手配されていません。一体、何日に戻られるのか、さっぱり分からないのです。

佐藤先生曰く「1週間くらいで戻って来るから」と話されているのですが、出張中の段取りも確認しなければなりませんし、急遽、事務所内は一日大慌てです。

今頃、先生は、はじめての北海道新幹線を満喫しているのかしら、それとも・・・(`д´ ╬ )

今回はここまで、皆様、対不起了。バタバタしてしまい、申し訳ございません m(_ _)m

このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けています。先生、次回水曜日までには、東京に戻って来られるのでしょうか!?

どのようなことになるのか、私、ちょっと心配ですが、来週には、ご報告できると思います。

佐藤先生、這週末的札幌、聴説酒店、飛機、都很緊。請多々保重!!
posted by ビザ・バンク at 19:00| 行政書士秘書の日記

2017年06月07日

留学生と家族滞在ビザ

大家好!! (^_−)−☆

今年、又到了這個季節了、六月是「不法就労外国人対策活動月間」。毎年、法務省入国管理局都会実施這個活動!!

ところで、最近、私たち佐藤行政書士事務所では、留学生と家族滞在ビザについて、ご相談をお受けしました。

たまたま偶然と思うのですが、同じテーマで、何件も続けて、ご相談がありましたので、このブログ『秘書日記』でも、ご紹介してみたいと思います(*∩_∩*)

私たちの事務所では、留学生の方が、一時帰国されて、地元で交際されているお相手とご結婚されるという話を、よくお聞きします。ただ、ご本人様は、日本での就学活動がありますので、結婚式を挙げられても、すぐに戻らなければなりません。

折角、結婚されても、離れ離れの生活になってしまい、どうにか、奥様を家族滞在ビザで日本に呼び寄せたいと、ご相談をいただきます。

家族滞在ビザは、日本で、就労ビザをもって仕事をされる方などに扶養されている奥様やご主人様、お子様が該当します。

少々分かりにくいのですが、就労ビザをお持ちの方でも、技能実習生は当てはまりません。他方、就労ビザでなくても、留学ビザをお持ちの方は当てはまります。ただし、留学生が一律該当するのではなく、大学生等に限られます。

入管法令上は、このような仕組みになっているのですが、ここでの重要ポイントは「扶養されている」という点です。

ご家族を扶養していくためには、それだけの経済力が必要になりますが、就労ビザをお持ちの方でしたら、通常、この点が問題になることはあまり無いはずです。しかし、留学生の場合には、少し事情が異なります。

留学ビザでは、原則として就労することはできません。在留カードにも「就労不可」と明記されます。この例外として、資格外活動許可を得て、一定範囲内でのアルバイトが許されています。

そこで、留学生の奥様等を家族滞在ビザで呼び寄せようと考えたとき、留学生ご本人に、奥様等を扶養していくことができるだけの経済力があるか、多くのケースで問題となります。

お客様の中には、月額○○万円以上稼いでいるから、夫婦で暮らしても、全く大丈夫だと話される方もいらっしゃいます。しかし、こういった場合、佐藤先生が、源泉徴収票や給与明細書を調べてみると、許可された範囲を遥かに超えて、アルバイトされているケースが多く見られます。

留学生の方が、日本で就職されると、技術・人文知識・国際業務ビザ等の就労ビザへ在留資格変更手続を行うことになりますが、このとき、入管当局は、資格外活動(アルバイト活動)の状況を注視しますし、近年、この傾向は、ますます強くなっています。

それに、このような入管当局の傾向を踏まえて、留学生採用に積極的な企業様も、アルバイト活動等を含めた留学生の在留状況に、関心が高まっているように感じます。

つい先日も、留学生を採用した企業様(大企業)からお問い合わせをいただいたばかりです。最終的には許可されたものの、想定を遥かに超える入管当局の対応に驚かれたとのことでした。

コンプライアンス(法令遵守)の観点からも、今後の留学生採用の在り方について、佐藤先生に、ご助言をお受けになられたいと話してくださいました!(^^)

最近、在JR品川站看不到、這個活動横断幕了。今年也沒有看到、也許不掛了!?
posted by ビザ・バンク at 18:54| 行政書士秘書の日記

2017年05月31日

配偶者ビザと就労制限

大家好(^^)

最近変得越来越熱。昨天、東京竟然三十度 (◎o◎)/

佐藤先生、先日、お客様からご相談を受けられて、ふと気付かれたことがあったようです。

こちらのお客様、もう何年も前から私たち佐藤行政書士事務所で、配偶者ビザを担当させていただいてます(*^_^*)

日本人と結婚して、日本に居住する外国人配偶者の方に許可される在留資格「日本人の配偶者等」のことを、一般的には、配偶者ビザとか結婚ビザなどと呼んでいます。

入管法令上、重要なポイントとして、この配偶者ビザには「就労制限が無い」ということが挙げられます。在留カードにも「就労制限なし」と表記されています。

もちろん、この点について、間違いはありません。佐藤先生も「日本人と同様の就労活動が認められている」と話されています。

しかし、お客様から話をお聞きして、先生、どうやら考えるところがあったようです。

お客様は、日本の地方都市にお住まいの方ですが、まだ年齢が若く、しばらくの間は、東京などの大都市で、様々な仕事にチャレンジしてみたいという意欲が溢れてきているようです。

日本で資格取得に励まれたり、お客様はとても勉強熱心です。ご自身の可能性を高めていかれたいのだと思います。

しかし一方で、日本人の奥様は、地元で、長年勤められているお仕事がありますし、地縁も責任もある立場です。簡単には、ご主人様と一緒に、大都市に移り住むことはできません。

配偶者ビザが許可されるためには、実体を伴う婚姻関係にあることが必要で、いまの実務では、同居が原則とされています。必ずしも「別居=不許可」という関係にはありませんが、やはり、それだけの合理的な理由が必要です。

佐藤先生「配偶者ビザは就労制限が無いとされているけれど、こういった場面では、事実上の制限が生じてしまうんだ」と。「今まで考えてみなかったけど、様々なご夫婦がいらっしゃるし、それだけ多様な価値観も存在するから、当然のことだ」と、沁み沁み話されます。

先生、多様な価値観を理解し尊重し、そして、実現できるよう、もっともっと勉強しなければならないと、改めて、強く自覚されたようです。

今天是五月份的最後一天了 (^_^)V
佐藤先生、六、七月份的出差可能要很多。加油!!
posted by ビザ・バンク at 18:25| 行政書士秘書の日記

2017年05月24日

10年ぶりの再開です。

大家好!!(^_^)/

佐藤先生、今天一天外出。午飯很有可能是、佐藤先生最愛的拉麺!?

先日、佐藤先生、超・嬉しいことがありました(*^_^*)

というのも、昔、私たち佐藤行政書士事務所で働いてくれていたアシスタントさんと、10年ぶりくらいの再会がありました。

留学生には、なかなか事務職のアルバイトが無いので、佐藤先生、社会経験の機会を与えたいと、当時、留学生のアルバイトを積極的に受け入れることを始めようとされていました。

彼女は、その当時の留学生で、最も古い外国人アシスタントの1人です。

先生曰く「本当に、色々助けてくれたよ、初めての試みで、右も左も分からなかったからね。」

先生が今でも、覚えているエピソードがあります!!!

当時、事務所内で、中国語版のOSが搭載されているPCがどうしても必要になったそうです。すると、彼女が自宅で使っているPCには、日本語版と中国語版の両方のOSが入っているからと、わざわざ持参して、長い間、ずっと置きっぱなしで、貸してくれたそうです。

ほかにも、留学生や外国人向けの情報発信等で、佐藤先生を、池袋や新大久保など、外国人ばかりが集まるお店に、何度も何度も案内してくれたそうです。

そういう、私も、この朋友がきっかけで、佐藤行政書士事務所で、お世話になることになりました。

毎年、年賀状の交換はしているのですが、会うのは、10年ぶりくらいです。

先日、久しぶりに、佐藤先生へ電話がありました。いま、朋友も、私たち佐藤行政書士事務所が在る東京・品川エリア(五反田・大崎)で働いているということで、一緒に、ランチすることになりました。

先生、めちゃめちゃ喜んでいらっしゃいました。あまりに嬉しくて、あたまが半分真っ白だったそうです。脳ミソが固まって、よく話せなかったと後悔されてます(>﹏<)

我還交換了微信。以後、可以経常互相聯絡了 (^_^)v
posted by ビザ・バンク at 18:12| 行政書士秘書の日記

2017年05月17日

先生、やる気が燃えてます。

大家好!! (^_−)−☆

佐藤先生、今天、又有外出的工作、从現在外出、一直到晩、真是辛苦(*^_^*)

いま、私たち佐藤行政書士事務所が、受任している在留資格認定証明書交付申請で、とても難解な事案があります。

佐藤先生も「ここまで、会社様自体に、厳しい眼を向けられてしまうのは、とても残念な印象だ」と話されます。

こちらの会社様は、地元で名前の通られた有力企業の子会社様なのですが、入国管理局は、この親子関係さえ、申請人側の主張を、すんなりと認めようとはしません。

もともとは、地元の公的団体との繋がりで紹介された行政書士先生が、お客様の在留資格手続をご担当されていたそうです。

しかし、技術・人文知識・国際業務ビザビザ更新手続が不許可となり、その後の行政書士先生の対応にも疑問を持たれた社長様が、直接、佐藤先生に、ご相談をくださいました。

先生、過去の在留資格申請手続を詳しく調査されたところ、深刻な問題があることが分かりました。そのため、今後、会社様に向けられる入国管理局の審査の眼は、厳しくなることが予想できました。

「それでも、想定以上だよ。親子会社関係まで、スムーズに主張を認めないからね。頭から足の先まで、全て厳しい目を向けられているよ。」と、佐藤先生。

たしかに、過去の申請を踏まえると、入国管理局が、大変慎重な姿勢になることは分かります。これまで、それだけ杜撰な手続が行われてきました。

こちらの行政書士先生も、地元の公的団体からご紹介された方ですので、きっと経験豊富な先生なのだと思います。

ただ、佐藤先生曰く「もし、ご自分の専門外や得意分野ではないなら、せめて高度な専門能力を求められる難解な事案は辞退されるべきだ」と話されます。

会社様の業務にも、重大な影響が及んでしまい、ご本人様も、人生そのものに係わる一大事です。軽々しく引き受けられるほど、簡単な事態ではありません。

佐藤先生、今回も、めちゃくちゃやる気です。「燃えてくるね。」「結果に拘って、ますますやる気が燃えてきたよ。」と、気合十分です!!!

我們佐藤行政書士事務所全体職員、会尽全力為顧客進行支援、還請多々関照 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 18:08| 行政書士秘書の日記