2020年11月25日

先生、戻って来られました。

大家好!!(^_^)/

在感染拡大之中、今年最後的祝日。不知大家、這個三連休過得還好嗎??

佐藤先生、札幌出張から戻って来られましたので、ご報告です。

新型コロナウイルスの感染が拡大されている中、お仕事とは言え、大変ご苦労様でした。

今回は、お役所へ出掛ける用事も多かったですし、お客様との打ち合わせもあって、かなり予定が詰まっています。

2020.11.25-1.jpg

こちらは札幌出入国在留管理局です。職員内でクラスターが発生したとの報道があり、とても心配しました。

2020.11.25-2.jpg

札幌法務局北出張所です。先生、こちらへは2度目ですね。札幌中心地から少し離れた郊外にあります。

2020.11.25-3.jpg

公証役場は公正証書の作成や私文書の認証など公証事務を行ないます。大阪出張(>>こちら)のときも、大変お世話になりました。

2020.11.25-4.jpg

お客様と久しぶりの再開はランチミーティングだったそうです。地元の有名店へ連れてくださいました。

おじさん達(>﹏<)は、札幌でもスープカレーではなくて、インドカレーらしいです(*∩_∩*)

先生「めちゃめちゃ美味しかった」と喜ばれてます。

そうそう・・・・・

佐藤先生、札幌訪問はちょうど1ヵ月ぶりくらいです。

2020.11.25-5.jpg

1カ月で、こんなに景色が変わるのですね・・・ (◎o◎)/

先生、前回と同じ場所(>>こちら)で撮影されているので、是非ご覧ください。

今天是二十五日、終于盼到発工資的日子!!!不知大家是否和我一様!?
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2020年11月18日

目黒川みんなのイルミネーション/2020

大家好(^^)

大家可否知道??今天十一月十八日是米奇的誕生日 (^_^)V

そうとは知らない佐藤先生、札幌へ出張中です。辛苦了!

どうやらめちゃめちゃ寒いご様子です。最低気温がマイナスだったり、雪の日もあるようです。

それに、北海道では新型コロナウイルスの感染が拡大していますので、とても心配です。

出張のご報告は、佐藤先生が戻って来られたらUPしたいと思います。

ところで・・・・

いつもなら、ちょうど今頃は、この話題のはずなんです。

*⌒ * 目黒川みんなのイルミネーション *⌒ *


私たち佐藤行政書士事務所の地元、大崎・五反田エリア(東京都品川区)では、毎年この時期になると、“みんなで咲かせよう冬の桜”といって、目黒川沿いの桜並木道にLEDライトで桜の花を咲かせるイベントを開催しています。

しかも、今年は10周年を迎える記念の年です。2011年東日本大震災の経験も踏まえて、地元地域に根差したイベントになりました。

しかし残念なことに、新型コロナウイルスの感染リスク回避の観点から開催することができません。

この「目黒川みんなのイルミネーション」は、露店が並んで大勢で食べ歩きを楽しむようなスタイルとは違います。

冬の桜と言って、自家発電で目黒川沿いに灯されたイルミネーションを静かに観賞しながら散歩します。

仕事帰りのOLさんが一人で写真を撮られている姿をよく目にしますし、私もその一人です。

むしろこう言ったイベントこそ「密」にならないで、静かに散歩できる貴重な機会のようにも思うのですが、なかなか難しいのですね。

残念ですが、来年に期待です。1年間、楽しみに待っています。今年は12月1日から24日までの間、オンラインで開催されるようです。

2020.11.18.jpg

札幌の佐藤先生から写真が届きました。警戒ステージ4に引き上がり、ススキノの街は閑散としています。

北海道果然佷冷。受感染拡大的影響真是担心。
posted by ビザ・バンク at 17:58| 行政書士秘書の日記

2020年11月11日

そろそろ永住はじめます。

大家好!!(^_^)/

佐藤先生、今天一早去東京入管。剛剛才回事務所(*^_^*)

入国管理局(出入国在留管理庁)では、今年6月に新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、永住許可申請を控えてほしいと「お願い」を発表しました。

永住申請は在留期間中いつでも申請できることが、その理由です。佐藤先生も「永住ビザは無くても困らないと言うことだね」と話されます。

そのため、私たち佐藤行政書士事務所でも、申請窓口の混雑緩和や三密回避などに協力する必要があると考え、これまで永住ビザ申請を控えてきました。

この発表から遡ること1年ほど前「永住許可に関するガイドライン」が改正され、実務に大きな影響が及んだことは、当時、このブログ「秘書日記」でも、何度も何度も話題に取り上げました。

当時、永住申請そのものが困難になってしまうお客様や申請方針を大幅に見直さなければならないお客様もいらっしゃいました。

そんな中での今年6月の発表でしたので、私たちの事務所でもかなり悩みました。

新しいガイドラインに沿ったカタチで苦労しながら、ずっと準備を進めてこられたお客様には、青天の霹靂そのものだったはずです。

それでも佐藤先生、お客様へ入管庁からの発表をお話して、お客様ごとに、どのような事態が予想されるか、お一人おひとりご相談に応じてこられました。

その結果、私たちの事務所では現在まで、入管庁の「お願い」に従い、永住許可申請を控えてきましたし、このことがお客様にとっても、良い選択であったと考えています。

ここ最近、先生「あの時と比べて、入管当局側の事情も現場での様子も大分変ってきたと思う」と仰います。

当時、同時に要請された在留資格認定証明書交付申請も、最近では、私たちの事務所でも普段通りのペースで「結果」が届きます。

他にも入管当局は、在留期間満了以降でも、在留資格変更申請在留期間更新申請を受付けたり、在留カードの受領期間を大幅に延長すること等を実施してきましたが、これらの例外的な扱いも、段々と元に戻ってきています。

佐藤先生「色々な意味で普段通りではなかったことを、可能なことから普段通りに戻していこう、ということだと思う」と続けられます。

現在入管庁の「お願い」が正式に取下げられた訳ではありませんが、お客様お一人おひとりの事情や将来の生活設計もあります。

お客様からも、最近では永住申請へ向けて再開したいと言うお声が増えてきていることもあり、先生、そろそろ永住申請をはじめよう、と仰います。

お一人おひとりの今の事情をお聞きしながら、より良い方法を選択していきたいと、やる気満々です!(^^)

今天是十一月十一日、是光棍節。
新冠病疫当中、今年已超過去年的総交易額・・・ (◎o◎)/
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2020年11月04日

軽めの話(*∩_∩*)

大家好!! (^_−)−☆

転眼間、已是十一月了。因病疫今年一年也快結末。

昨日のお休みは、いかがでしたか?火曜日がお休みになるのは、凄く珍しい気がします。

休み明けでもあるし、今回のブログ「秘書日記」は軽めと言うか、どうでも良い話題です(>﹏<)

皆様、ご存知でしたか!?

私たち佐藤行政書士事務所へ来所してくださいましたお客様は、皆さまご承知の通り、会議室の照明に羽が付いていて、いつもぐるぐる回っています。

佐藤先生、この照明がとてもお気に入りなのですが、私は、どうしても実家の照明と重なってしまいます。

中国で、小さい頃住んでいた実家に扇風機と合体している照明がありました。中国人の方々は、きっと同じような記憶があると思います。

佐藤先生の事務所でお仕事を始めた頃「へ〜、日本にも扇風機が合体した照明があるんだ!」と感激していたのですが、先生から「扇風機じゃないよ・・・(`д´ ╬ )」と、空気を撹拌させているのですね。

そう言われますと、冬でもぐるぐる回っているし、扇風機にしては、回転が遅すぎますね。シーリングファンと呼ぶそうです。

そんな会議室の照明ですが、先日、電球が1つ切れてしまいました。珍しいタイプの電球なのでまとめ買いしていたのですが、その在庫もついに無くなってしまいました。

そこで、ネットで注文しようとしたところ、いくら探しても、全然見付かりません。電球って、今ほとんど販売していないんですね・・・ (◎o◎)/

家電量販店で店員さんにお聞きしましたら、どんどんLEDに変わっていて、昔ながらの電球は大手メーカー品では、ほとんど生産完了しているらしいです。

皆様、ご存知でしたか!?私、本当にビックリしました。

会議室の照明の場合、現在使用中の電球が生産完了品で、代替品としてLEDの商品が販売されていたようなのですが、それもさらに生産完了になっていて、別のLED商品が、後継モデルなのだそうです。

電球1つ交換するのも、大変なんですね(>﹏<)
今日は、あまりにもビックリした1日でした!!!

2020.11.4.jpg

最近、聴説北海道的新冠病疫的感染者逐漸増加。佐藤先生、近期的北海道出張的日程、真是担心。
posted by ビザ・バンク at 17:51| 行政書士秘書の日記

2020年10月28日

帰る人来る人

大家好(^^)

佐藤先生、有会議要外出。一直工作到很晩、辛苦辛苦!!

私たち佐藤行政書士事務所でビザ申請手続を担当させていただいているお客様の中には、新型コロナウイルス感染症の影響で、大きく予定が変わってしまっている方々がたくさんいらっしゃいます。

あるお客様は、日本と本国の間を往来しながら、両国にまたがるプロジェクトを進めていく計画でした。

ですが、あっという間に世界中で入国が制限され、世界は分断されてしまいました。

そのため当初とは予定が大幅に狂い、今に至るまで日本に滞在したまま、ずっと出国することができません。

強引に出国したとしても、日本へ再入国できる確証がありません。万一再入国できなければ、プロジェクトに大きな影響が生じます。

現在では、出入国在留管理庁が、まずは再入国予定の申出を行うことから始まり、日本出発前に行う手続、渡航先での手続、日本到着後に行う手続をそれぞれ定めて、再入国手続の流れを具体的に示しました。

ようやくお客様は、会社様とも相談しながら、12月初旬には一時帰国できるように準備を始められました。きっとご家族と一緒にクリスマスを過ごすことができるはずです。

他方、配偶者ビザのお客様もいらっしゃいます。

在留資格認定証明書交付申請をして、本国にいる奥様やご主人様を呼び寄せる手続です。

こちらも現在、入国管理局で在留資格認定証明書の交付が行なわれていますので、私たちの事務所にも「許可」の結果が届くようになりました。

ただ、それぞれ本国ごとの事情もありますので、以前のようにスムーズにはなかなか進みません。

現地の日本国大使館でも個々に対応が異なっていたり、本国政府の内情で、急遽出国できなくなってしまうこともあります。

滞在地域によっては、出国前72時間以内のPCR検査証明を取得することが難しい場面があることも、お客様が教えてくださいました。

それでも、どうにか、やっとの想いですが、今では入国することができるようになりました。

公共交通機関を利用できず、レンタカーを借りて成田空港へ出向かわれたり、お客様が工夫されている様子をお聞きして、感激します。

新婚ほやほやなのに、何ヵ月ぶりの再会、1年以上のお客様もいらっしゃいます。

待ちに待ったご主人様が隣でぐっすり寝ている、そんな話をお聞きしますと、佐藤先生「涙が出くるよ」と、本当に嬉しそうです。

2020.10.28.jpg

お客様から「歌帝梵」をいただきました (^_^)V
とても高級品です、本当にありがとうございます m(_ _)m

佐藤先生、明天是体検。今天也会工作到很晩、真的担心希望不会影響身体状況。
posted by ビザ・バンク at 18:07| 行政書士秘書の日記

2020年10月21日

謎の飛行機事情。

大家好 o(^_^)o

佐藤先生剛剛从出差回来、今天又一直外出。
真是辛苦佐藤先生了 (^_^)V

佐藤先生、今日、札幌出張から戻って来られました。1ヵ月半ぶりくらいの北海道訪問です。

今頃の札幌は、もうすっかり秋の様子だったようです。

こちら大通公園も紅葉していますね。

2020.10.21-1.jpg

後ろに、ちょっと見える建物は、札幌地方裁判所です。

この裁判所の隣に、佐藤先生の目的地の札幌出入国在留管理局があります。

最近、北海道の案件では旭川入管札幌出入国在留管理局旭川出張所)に申請することが多いので、ここ札幌入管は久しぶりです。

2020.10.21-2.jpg

こちらは、出発前の羽田空港です。GoToトラベルのためか、大分人が増えている印象です。

佐藤先生「新千歳へ向かう飛行機は満席だったよ」と話されていました。

満席って!?どういうことなのでしょうか・・・ (◎o◎)/

飛行機の便数が大幅に減っているためでしょうか??

先生のお話では、以前に実施していた座席の間引きはしていないそうですので、文字通り「満席」なのだそうです。

出張する機会が多い会社のお客様も「最近の飛行機は全く分かりません」と仰っていましたが、本当ですね!(^^)

回程航班也是満席、竟然還有等待空席的。好恐怖!!!
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2020年10月14日

10年ビザ!?

大家好!!!

佐藤先生、今天从中午一直外出、剛剛才回事務所(*^_^*)

久しぶりに、あるお客様からご連絡をいただきました。

会社の責任者様からで、オンラインでミーティングをされたいとのことです。

佐藤先生も「ビザ更新手続までは、まだ大分時間があるし、どうしたのかな」と心配のご様子です。

こちらのお客様は、ゴルフやテニスなどのスポーツ学校を運営されている会社様で、プロ選手を養成したり、プロ選手のパーソナルトレーナーも担っています。

その中に、外国人のトレーナーが在籍されていて、私たち佐藤行政書士事務所で、ビザ申請手続を担当させていただいています。

お客様はアメリカ人、日本人の会社責任者様も同席されて、佐藤先生とオンラインで久しぶりのご対面です。

お客様は、来日前、世界中で誰もが知っているアメリカのスーパー選手が設立したプロ選手養成機関でトレーナーをされていました。

この養成機関には、未来のスーパースターを目指して、世界中から優秀な人材がたくさん集まります。

10年も前の出来事ですが、そんなお客様に目を付けられたある日本のスポーツ関連企業が、お客様を日本へ呼び寄せました。

そして、このビザ申請手続を担当したのは、入管法分野で著名な行政書士事務所でした。

しかし、ここで大きな問題がありました。この行政書士事務所は、お客様の仕事内容を「通訳翻訳」としてビザ申請手続を行なったのです。

理由は簡単で、スポーツトレーナーで「許可」を得ることが難しいからと、先生、仰います。

もちろん、お客様はスポーツ指導に係わる業務を行う為に、日本行きを決意されたのであって、「通訳翻訳」が仕事ではありません。

来日後、直ぐに何か様子がおかしいと気付いたお客様は、当時、ほぼ日本語も分からないまま、必死でインターネットを調べたそうです。

そこで、現在も勤務しているお客様の会社を見付けて、働きたいと志願されました。

当時、お客様の会社は、外国人を採用した経験はありません。しかし、お客様の経歴、何と言っても、世界的に超有名なプロ選手養成機関の出身者です、喉から手が出るほど採用したい人材でした。

そこで、旧知の佐藤先生へご相談がありました。先生、初めてお会いしたときのお客様の言葉を今でもはっきりと覚えている、と仰います。

お客様「私、英語の先生するために日本へ来たんじゃない」と、たどたどしい日本語で語られました。

佐藤先生は、このプロ選手養成機関のことはよく知りません。しかし、創設者のスーパースターの名前は当然分かりますし、その機関が輩出してきた人材を知れば、最高に権威のあることも理解できます。

先生「このままお客様をダメにしてしまったら、大変な損害だと思ったよ」と、何が何でも「許可」を掴まなければと覚悟されました。

お客様がトレーナー業務を行なえるようにするためには、スポーツ指導に係る技能ビザを許可されなければなりません。しかし、この技能ビザを許可されるのは簡単なことではありません。

実際に、在留資格変更手続の準備を始めてから結果が出るまで1年以上掛かりました。申請後も、何度も何度も、入管当局との間で書面の応酬がありました。先生「まさに喧嘩書面だったよ」と思い出されます。

当時、アメリカはオバマ大統領でしたので、先生、お客様と会うたびに「Yes we can!」と冗談を言って、励まされていました。

会社の責任者様も「ビザを手に入れるのが、こんなに大変だとは分からなかった。せめてアメリカへ帰る前に、日本に良い思い出を残してあげたい」と、完全に悲観的です。

そんな思い出いっぱいのお客様です。先日のオンラインミーティングの席で、ぽつりと「10年ビザ」と仰います。

先生、直ぐに記録を見ると、お客様が上陸されて、あともう僅かで10年になるのです。お客様の言われている「10年ビザ」というのは永住ビザのことだと気付きました。

あれから、もう10年が経とうとしています。あまりの早さに驚くと同時に、全員が諦めずに掴んだ「許可」です。

今でも、大切に仕事を続けられている姿に、感謝の気持ちでいっぱいになります!(^^)

在看資料時、看到離年末還有「79天」的記録。真是惊人的速度、実在是太快了(>﹏<)
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2020年10月07日

国慶節/2020

大家好!!(^_^)/

祝大家双休節快楽!!!

私の母国中国では、ちょうど今、国慶節の大型連休の期間中です。国慶節は、日本で言えば建国記念日のことなのですが、中国では10月1日の当日を含めて、大体1週間くらいの連休になります。

しかも今年は中秋節と重なりましたので、なんと8連休で、超大型になっています (^_^)V

ところで、昨年、このブログ「秘書日記」で国慶節の話題(>>こちら)をUPしたときは、香港で民主化を求める抗議活動・大規模なデモ行進が行われていました。

改めて「今後の香港情勢が本当に心配で、来年の国慶節は、どのように迎えるのか、全く想像が付かない」との当時の記事を振り返り、1年後がこの状況になっているなんて、本当に、文字通り想像が付きませんでした。

香港国家安全維持法の施行下では、国慶節の当日も大規模なデモは行なわれず、数十万人が参加したと報道されていた昨年の抗議風景とは全く様変わりしています。

佐藤先生も、毎年香港へ出張に行かれますが、今年は未だありません。年次で行っている会議も延期のまま未定です。もしこのまま香港へ出張されなければ、20年くらいの間で、初めてのことです。

一方、大陸の国慶節は、日本国内では「国内旅行が回復して延べ6億人超が旅行に出ると試算されている」とか「感染対策で旅行を控えてきた反動」と報道されているのですが、本当なのでしょうか?

いつもの年でしたら、私の「微信」(中国版SNS)には、友人たちが、次々にドライブや観光に出掛けている写真をUPしているのですが、今年は、全く様子が違います。

労働節(中国版GW)の頃には、友人たちや親戚も旅行している様子を盛んにUPしていたのですが、いまは、全く話題さえ上がっていません。

強いて言えば、旅行会社から中国国内の有名な観光地(例えば、日本でもお馴染みの西安の兵馬俑とか桂林の絶景川下りとか)を巡る宣伝が届くくらいです。

続けて「中国各地の観光産業は、国慶節の連休が回復のきっかけになる」とも報道されていましたが、私の実感とは大分違う印象です。

そうそう10月は運動会の季節ですね。日本では中止になっている学校が多いと聞きましたが、中国では開催している様子ですね。

全体的なことは分からないのですが、私の「微信」(中国版SNS)には、ここ最近、友人や親戚の子供たちが運動会の写真をたくさんUPしていました。

来年の国慶節は、どのように迎えるのでしょうか?本当に、全く想像が付きません。

突然、想吃月餅了!!想去中華街逛一逛!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:04| 行政書士秘書の日記

2020年09月30日

交渉上手な佐藤先生!?

大家好(^^)

最近幾天、東京的天気変得很涼。各位的地区不知怎様?

佐藤先生、大阪出張から戻って来られました(*^_^*)

今回は、出張の1番の目的は大阪入管ではなくて、公証役場でした。

公証役場と言うのは、公正証書の作成や私文書の認証など公証事務を行なう役場(公的機関)です。

中国にも、全国各地域ごとに公証処という役所があります。入管実務ではすっかりお馴染みの「公証書」も、この公証処で作成されています。

ところで、ちょっと分かりにくいのですが、公証役場(日本の公証役場です)で執務されている公証人には管轄があって、所属する法務局ごとに区域が分かれています。

たとえば、佐藤先生は東京都行政書士会に所属していますが、日本全国どこでも、お仕事をすることができます。

しかし、東京法務局に所属する公証人は「東京」、大阪法務局に所属する公証人は「大阪」のように、それぞれ職務を扱う地域が限定されているのです。

今回のように大阪の事案ですと、東京の公証役場では取扱うことができないので、大阪の公証役場へ出掛けて、手続を行うことになります。

佐藤先生、元々公証役場が目的の大阪出張だったのですが、この他にも次々と用件が増えていきます(>﹏<) 

折角来阪されるのだからと別件の打ち合わせが入ったり、役所での申請手続まで、どんどん増えていきます。ついに先生だけでは時間が足りなくなってしまい、急遽私まで向かうことになりました。

それで先生、なかなかの交渉上手なんです・・・ (◎o◎)/

私の中学校からのずっとの親友で、大阪在住の友人がいるのをよくご存知なのです。

ご主人様も元留学生の中国人で上智大学を卒業後、仕事の関係で大阪へ移住しました。数年前、大阪にマイホームを建てたのに、私、まだ一度もお祝いに行けていないことまで、先生、情報を握ってます!?

ちょうど四連休があって・・・その明けに、佐藤先生の大阪出張という流れです。

先生から「大阪でお休みを取って〇〇さんを訪ねてみたら」と。甘い誘惑(いえ、厚意)とともに、私の大阪行きは交渉成立しました。

お蔭で・・・未処理の作業が溜まりに溜まってます (☍﹏⁰)。 書類の束・束・束です (☍﹏⁰)。

でも、佐藤先生「太謝謝了!」、久しぶりに友人に会えて、とっても大満足です。

2020.9.30-1.jpg

2020.9.30-2.jpg

到今天九月份也已結束。請大家注意身体、不要感冒。
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2020年09月16日

資格外活動違反事件。

大家好!!(^_^)/

最近、我們事務所所在地的東京、天気変得涼了。炎熱不知会不会這様結束??

つい先日、東京近郊ではとても有名な中華料理店で、資格外活動違反によって、7人の中国人従業員が逮捕されたことが報道されました。

報道によると、この7人は大学や専門学校を卒業した元留学生だそうです。在留資格変更手続を経て、技術・人文知識・国際業務ビザを許可されていました。

この資格外活動違反は様々な場面で登場します。

今回の中華料理店の場面では、詳細は報道されていませんでしたが、佐藤先生「おそらくホールスタッフで料理を提供したり、注文を受けていたと思うよ」と話されます。

このような場面で、よくあるケースとしては、通訳やマーケティング、海外への業務開発などの名目で、卒業予定の留学生を採用したにも拘わらず、実際には、厨房やホールスタッフとして就労させていることがあります。

私たち佐藤行政書士事務所でも、こう言った場面で、転職希望のご本人様や会社様から、たくさんのご相談をお受けしてきました。

今回の事件が話題になったのは、中華料理の有名店(私たちの事務所の近くにもお店があります)で起きたからでもありますが、先生「全然驚かない」と仰います。

これまでお受けしたご相談の中でも、外食チェーンの超有名企業であったり、大手の上場企業も極当たり前のように登場します。

もちろん入管当局側でも、おそらく調査が行なわれていて、情報把握や記録の分析なども進んでいると思います。

佐藤先生、以前のご相談で技術・人文知識・国際業務ビザが許可された当時の記録を調査されたことがあります。

就職先の会社は東証1部上場の一流企業、しっかりとした採用理由書や労働関係の資料も充実した申請書類が提出されていました。佐藤先生もお名前をご存知の行政書士先生が担当されていましたが、それなのに、何故か許可期間が「1年」という結果です。

ご相談者様は、採用面接の時に、担当者の方から「我が社は将来、あなたの母国で事業展開する計画がある。進出の際には、立上げメンバーとして、母国で活躍してほしい」と言われ、就職を決意したそうです。

配属は本部の国際開発部門のはずですが、お店のホールやキッチン担当。現場を知るため、まずは社内研修からと言われたのですが、いつまで経っても、本部に呼ばれることはありませんでした。

ただ、何とも分からないこともあります。

別の事案では、無関心というか、全く分かっていないような会社もあります。採用担当者の方から「働けるビザを用意してきたら採用する」と言われただけ、全てビザ申請手続を自分自身で行うように言われました。

留学生の間は、外食チェーン店舗のホールでアルバイトしていましたが、このまま就職はできません。私も元留学生ですから、そのようなことが出来ないこと、当のご本人も分かっていることくらい想像できます。

それでも、どうにか就職したいと、もっともらしい(嘘)の書類を自作して、会社からはめくら判をもらって、ご本人で在留資格変更手続を申請したというケースです。

様々な場面の中、常に留学生が「被害者」とは思えませんし、大企業の看板まで掲げているのに、外国人従業員の在留資格管理が杜撰な会社もあります。

今回の事件が、どのような場面なのかは分かりません。

報道によれば、7人のうち4人は容疑を認めて、残り3人は「上司の指示でやっていた」と供述しているそうです。

なんとも複雑な思いです。しかし、いずれにしても「バレなければアリだ」という考えは、決して持ってはいけないと強く感じます。

週末是四連休。我打算在出差時休憩 (^_^)V

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、佐藤先生の大阪出張へ同行するため、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 18:01| 行政書士秘書の日記