2017年11月22日

家族滞在ビザと両親の同居

大家好(^^)

不知大家可否知道??中国語可能不太能理解、不過今天是好夫妻(一一二二)日!!!

最近、私たち佐藤行政書士事務所では、本国に居るご両親を呼び寄せて、一緒に、日本で暮らしたいというご相談が、続けて何件かありました。

そこで、今回は、このテーマについて、ブログ「秘書日記」でも少しご紹介したいと思います。

お客様は、元留学生の同国人ご夫婦や日本人と外国人のご夫婦であったりと様々ですが、皆様、生活も落ち着いてきたので、そろそろ本国のご両親を呼び寄せたいと考えられていて、家族滞在ビザを申請したいとお話されます。

しかし、ご両親を呼び寄せることは、決して簡単なことではありません。そもそも、家族滞在ビザは、主に就労ビザ(一部を除く)をお持ちの方から扶養を受ける配偶者や子が対象になっています。

この中には、ご両親は含まれないので、お子様との同居を目的とすることは予定されていません。同居を目的とする在留は認められないのが原則です。

ですので、お客様がお考えになられているような家族滞在ビザでは、ご両親を呼び寄せようとしても、許可を受けることができません。

もっとも、個別の事情をお聞きしていると、親御様が年老いて介護が必要なのだけど、近くには、頼れる親戚も、誰も居ないといった事案もあります。

このような特別な事情がある場合は、在留が認められる可能性もありますが、いずれにしろ、ご両親を呼び寄せる直接的なビザはないので、一旦は短期滞在ビザで来日した後、別のビザへの在留資格変更手続を考えることなどが必要になります。

もちろん、まだ、ご両親が元気なうちから、日本に呼んで一緒に暮らしたい、ご両親と一緒に、日本での生活を楽しみたいというご希望もたくさんあります。

上記のとおりで、家族滞在ビザの許可を受けることは出来ませんが、佐藤先生、1つ1つのケースを、丁寧に分析していくことが大切だと話されます。

日本で、どのような事をされたいのか、どのくらいの期間を過ごされたいのか、あるいは、どのような経歴や資産をお持ちであるのかといった個別の事情を詳しく分析していくことが、何より大事です。

丁寧にビザ申請方針を検討していくことで、ご希望を実現できることも少なくありません(*^_^*)

私、佐藤先生の事務所で働くまで、先生は皆同じなんだと思っていました。しかし、そうではないんです!

こういった難しい場面では、やはり、ご相談される先生によって、結果は、本当に大きく異なってくると思います。

明天是祝日休息 (^_^)V 怎様過呢!?

(当事務所サイト〜関連記事)
両親を呼び寄せて同居したい
posted by ビザ・バンク at 18:18| 行政書士秘書の日記

2017年11月15日

今日はずっと外出です。

大家好!!(^_^)/

今天、佐藤先生、一早開始外出、還沒有回事務所!!!

佐藤先生、東京・ビックサイトで開催されている展示会に出掛けられています。

情報収集であったり、新しい発見があるそうで、年に数回、こう言った展示会に足を運ばれます。今回も、何ヵ月も前から予定にされていました。

2017.11.15-1.jpg

このブログ「秘書日記」用に、写真は届けてくださいましたが、肝心のご本人(佐藤先生)は、まだ事務所に戻って来られません・・・(`д´ ╬ )

2017.11.15-2.jpg

最近では、私の母国の中国からも、日本の展示会に、たくさんの会社様が出展するようになりました。それに、今年は、ベトナムやマレーシナなどの東南アジアの会社様も出展されているようです。

それにしても、東南アジアの勢いは凄いですね。様々な分野で話題を聞きますし、私たち佐藤行政書士事務所でも、これから先、東南アジア出身の方々を、積極的に採用していきたいというご相談は、とても多いです。

11月1日から、新しく施行された外国人技能実習法の分野でも、ほんの数年前まで実習生と言えば、ほとんどが中国人でした。それが今では、ベトナム人が大幅に増え、インドネシア人やフィリピン人も大きく伸びています。

技能実習の移行対象職種に「介護」が加わりましたし、東南アジアの勢いは、これから、ますます高まってくるように感じます。

佐藤先生、从札幌出差回来後、一直都很忙、日程排得満満的。還請多々保重!(^^)
posted by ビザ・バンク at 17:56| 行政書士秘書の日記

2017年11月08日

北海道は雪です。

大家好(^^)

接着上個月、又是三連休了 (^_^)V
大家過得好嗎??

佐藤先生、先週〜今週は、札幌出張でした(*∩_∩*)

元々は今週いっぱいくらい、札幌滞在の予定でしたが、東京での用事が重なってしまい、少し早めに、戻って来られました。

今回は、仕事仲間の方々を訪問されたり、いくつか重要な会議がありました。

以前にも、このブログ「秘書日記」でお話したことなのですが、地元の方々が多数出席される会議では、先生、いつも大変慎重です。

会議の進行はなかなか難しく、「壁」と言うか、東京(佐藤先生)vs 札幌(地元の皆様)のような場面になることも、決して少なくありません。

2017.11.8-1.jpg

こちら、佐藤先生の大好きな手稲山。札幌オリンピックのスキー会場です。

2017.11.8-2.jpg

地元の方も「急に寒くなってきた」と話されていたようですが、先生、滞在中、ふと気が付いたら、山のてっぺんに雪が掛かっていたそうです。

それに、まだ粉雪という訳ではありませんが、みぞれも降ってくるようになり、日中もストーブを焚いています。

佐藤先生曰く「暖房器具1つ挙げても、東京とは全然違うよ。札幌で仕事を始めるまで、灯油メーターが存るなんて考えたことすらなかった」と。

日常の1つ1つが勉強だし、良い悪い以前に、兎に角、時間も回数も重ねて、互いに理解し合うことが大切だと話されます。

だから、何度も何度も、札幌に行かなければ!なのだそうですが(>﹏<)・・・・先生、札幌に行くための口実なのか、熱心なのか!?

<おまけ>

2017.11.8-3.jpg

佐藤先生、新千歳空港⇔札幌市内の回数券なんて、お持ちなんですね。ビックリしました (◎o◎)/

手稲山的滑雪場、下週開始了。可是東京、今天都是二十度!!!
posted by ビザ・バンク at 18:08| 行政書士秘書の日記

2017年11月01日

書き順は大事ですね。

大家好!!(^_^)/

从今天開始是十一月了。是不是太快了!?佐藤先生、這週、下週是札幌出差。

前々回、このブログ「秘書日記」で、配偶者ビザの話題に関連して、東南アジア出身のお客様が増えていることをご紹介しました。

すると、佐藤先生、今度は、こんなお話を聞かせてくださいました・・・・(*∩_∩*)

こちらのお客様は、日本人のご主人様とタイ人の奥様です。もう何年も前から、私たち佐藤行政書士事務所で配偶者ビザ申請手続を担当させていただいています。

先生が、お客様と一番最初にお会いされた頃、奥様はほとんど日本語が出来ませんでした。それが、毎回毎回、お会いする度に、どんどん上達されていらっしゃいます。

1年前くらいにお会いされた時は、大分、漢字も書けるようになって、最近では、漢字交じりのメールも送ってくれるようになったんだと、先生、嬉しそうでした。

それが、先日、お会いした際、佐藤先生、大ビックリだったそうです (◎o◎)/

先生「1年前くらいは、字を書いているのか、絵を描いているのか、漢字の書き順がぐちゃぐちゃだったんだ。それが、この1年で、パーフェクトな書き順になっているんだよ」って、興奮気味で話されます。

「心から凄いな〜と思ってね、たくさん褒めてあげたら、嬉しそうに、書き順が分かると、書き易くなったと話してくれたんだ」と、先生、めちゃめちゃ嬉しそうです。

佐藤先生のおっしゃる通り、本当ですね。

私の母国、中国でも、もちろん書き順はありますし、学校でも習います。でも今では、あまりにも当たり前過ぎて、普段、書き順を意識するなんて、ほとんどありません。

日本人も中国人も身体に染み付いて、漢字を無意識に書いていますが、もし書き順を知らなければ、絵を描いているみたいで、とっても書きにくいし、早くも書けません。

そう言えば、私も元留学生ですが、たしか日本語学校で、書き順は習わなかったと思います。お客様も、独自に、ご自身で勉強されたそうです。

2017.11.1.jpg

お土産を頂きました。こちらは中国人のお客様です!!!

お客様が、美味しくて大好きなお菓子だから、是非佐藤先生に召し上がってほしいと態々用意してくださいました。

佐藤先生也説、很好吃。真的很感謝 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 18:28| 行政書士秘書の日記

2017年10月25日

盛岡出張

大家好!! (^_−)−☆

週末的台風、下了好大的雨。大家沒事吧?

佐藤先生、先週末は盛岡出張でした(*^_^*)

2017.10.25-1.jpg

会社のお客様で、技術・人文知識・国際業務ビザ在留期間更新手続のため、仙台入国管理局盛岡出張所に向かわれました。

外国人材を積極的に受け入れている会社様で、もう何年も前から、私たち佐藤行政書士事務所が、お客様のビザ申請手続を担当させていただいています。

外国人材を活用された新しい事業も進行中で、こちらも軌道に乗ってきているご様子です。盛岡で、色々と話を聞くことができたと、先生、とても嬉しそうです。

日本にお客様を呼び寄せるため、数年前に行った在留資格認定証明書交付申請手続は、本当に難しい案件で、大変な苦労がありました。それが、今大きく花開いて、お客様は大活躍されています。会社の担当者様からも「今では、無くてはならない存在」とまで言っていただけるようになりました。

もちろん、ご本人様も、本当に頑張っていらっしゃいますし、先生も、そんな姿を見ることができて大幸せです。

2017.10.25-2.jpg

佐藤先生、盛岡に行かれると、必ず冷麺ですね (^_^)V

2017.10.25-3.jpg

前回、盛岡出張の際、別のお客様が連れて行ってくださった地元の有名店、こちらは、その本店になります。

佐藤先生の本店好きは、このブログ「秘書日記」で、何度もご紹介しているのですが、今回も、雨の中、わざわざ向かわれました。

先生曰く「前回、お客様は駅近の便利なお店に連れて行ってくれたのだけど、どうしても本店に行ってみたかったんだ」そうです。

お蔭で、2〜3本も遅い新幹線に乗ることになってしまったようです。毎度のことですが、私、先生の拘りが、あまり良く分からないのですが、兎に角、満足そうなご様子ですから、幸福了!!!

佐藤先生、還給我買来了盛岡的土産冷麺。
真的很感謝 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 18:04| 行政書士秘書の日記

2017年10月18日

様々な配偶者ビザ

大家好 o(^_^)o

完全忘記了、国慶節已結束了。如今「爆買」已成死語??

今回は、配偶者ビザの話題です。一口で、配偶者ビザと言っても、様々なお客様・ケースがあります(*^_^*)

最近、私たち佐藤行政書士事務所で受任した案件を見ると、たとえば、混合世帯と呼ぶそうですが、日本人と外国人ご夫婦のお客様が、引続き日本に在住されるため、ビザ更新手続を行うケースがあります。

また、日本で知り合ったお二人ですが、ビザの問題があり、一旦外国人配偶者の方が帰国され、そのお客様を呼び寄せる場面もあります。この場面は在留資格認定証明書交付申請手続です。

現在、外国に在住されているご夫婦のお客様もいらっしゃいます。今後は、生活の拠点を日本に移されることになり、お二人揃って、日本へ戻って来られるためのビザ申請手続が必要になりました。

それから、一般に、在留資格「日本人の配偶者等」などを指して、配偶者ビザと呼ぶことが多いですが、ここに「等」があるのは、奥様やご主人様の他、お子様も含まれているからです。

私、佐藤先生の事務所で働く前は、日本人の実子のお子様は、当然日本人だと思っていたのですが、色々な事情の中、外国籍の方も、たくさんいらっしゃいます。

現在も、私たちの事務所で受任しているお客様で、お父様が日本人、その実子のお子様がいらっしゃいます。外国籍のため、ビザ申請手続の準備を進めています。

それに、お客様の国籍も様々です。直近の受任案件だけに絞っても、韓国、台湾、タイ、フィリピン、インドネシア・・・と、本当に、たくさんの国々です。珍しく中国は無いのですが(>﹏<)

ほんの少し前では、私の母国、中国が圧倒的に多くて、私と同じあの小豆色のパスポートが溢れていましたが、最近は、昔ほどの勢いが無くなっているのでしょうか(!?)

と言うよりも、東南アジア出身のお客様が、物凄く増えていますし、その勢いは、どんどん強くなっているように感じます。

以前ですと、東南アジア出身のお客様、配偶者ビザのケースでは、一般的に、日本人男性と東南アジア出身の女性という印象でしたが、徐々に、日本人女性と東南アジア出身の男性というお客様も、増えてきているように感じます。

在日本長期居住、秋天的三連休、比国慶節還要重要。最近連「爆買」的話題、都很難聴到 (^_^)v
posted by ビザ・バンク at 18:36| 行政書士秘書の日記

2017年10月11日

過去の強制送還

大家好!!(^_^)/

大家、三連休過得好嗎??

私たち佐藤行政書士事務所では、過去に強制送還された方、そのご家族や会社関係者様から、ご相談をお受けすることがあります。

皆様も、ご存知のことだと思うのですが、強制送還された方は、上陸拒否事由と言って、原則として5年間、日本に入国することができません。2回以上、強制送還された方は、これが10年間になります。

佐藤先生、これらのお客様から受任されるときは、強制送還された当時の退去強制手続について、いつも詳しく調査されます。

お客様からお聞きしている話が正確であるのか、客観的な事実・記録に合致しているかどうかは、今後のビザ申請手続に大きく関わります。

もし、お話に矛盾があり、客観的な事実に反するようであれば問題になりますし、それが重大な事柄であれば、結果に、直接大きな影響を及ぼすことになり兼ねません。

先生曰く「お客様は、積極的に嘘を付いている訳ではないんだよ。でもね、もう何年も前のことで、ただでさえ忘れたい事だから、思い込んでしまっていることもあるよ」と。

それでも、今後のビザ申請手続の審査過程で、不利益に扱われてしまうことは、決して望ましいことではありません。ですので、先生は、当時の経緯や手続内容等を詳しく調査されています。

そうすると、ここまで正確に、当時のやり取りや準備した資料等を、きちんと覚えられているのかと、驚くようなお客様もいらっしゃれば、反対に、ビックリするほど、話しが合致しないお客様も居られます。

佐藤先生「それでもね、さすがに不法滞在(オーバーステイ)と不法入国は間違わないと思うんだよね。何の勘違いがあるのか、まずここから晴らさなくては」と仰います。

と言うのも、あるお客様、オーバーステイで強制送還されたと話されているのですが、客観的事実は不法入国です。来日当時、正規のビザをもっている場合は不法滞在(オーバーステイ)、偽造パスポート等で入国し、当初から有効なビザ(在留資格)をもっていないのが不法入国です。

法律の専門家先生でなくても、お客様ご自身で、このことを知らない訳がないですし、間違えようもないはずなのですが・・・・。

2017.10.11.jpg

お客様から、お土産を頂きました(*^_^*)
秋の季節限定で、和栗味と言うそうです。

めちゃめちゃ美味しかったです。
お客様、どうもありがとうございます m(_ _)m

佐藤先生、明天、从早晨開始是健康体検。今晩、請不要多喝酒了!(^^)

(当事務所サイト〜関連記事)
上陸拒否事由
posted by ビザ・バンク at 18:21| 行政書士秘書の日記

2017年10月04日

万聖節

大家好!!!

从今週開始已是十月了 (^_^)V

皆様「万圣節(前夕)」、何のことか分かりますか?
※「圣」は「聖」と同じですよ(*^_^*)

中国語で「ハロウィン」のことを指しています。10月に入ると、段々、この季節らしくなりますね。

佐藤先生の場合、ハロウィンとは無関係なようにも見えますが、どうやら、そうではないらしいです。

お客様から、ハロウィン柄の可愛らしいクッキーを頂いて、めちゃめちゃ喜んでいらっしゃいます。

こちらのお客様は女性社長様で、ビザ申請手続の他、会社設立手続も私たち佐藤行政書士事務所で担当させていただきました。

会社設立以前から、もう何年ものご関係です。先生、お客様のことが大大好きですし、物凄く応援されています。

つい先日も、お客様の会社が決算を迎えられたので、私たちの事務所で、士業仲間の税理士先生もご出席される会議がありました。

お客様のお仕事は、外国人材が重要な鍵になるのですが、今期は、この点で大変苦戦されていましたので、佐藤先生も、経営状態をかなり心配されていました。

にも拘らず、なんと今期、売上も利益も過去最高、前年比で大幅UPしていることが、会議の中で報告されました。

先生「あれだけ厳しい逆境の中、ここまで出来ているなんて、全く予想していなかった」と、本当に嬉しそうです。

佐藤先生、お客様との出会いのことも、はっきり覚えていらっしゃいます。「何度も何度も電話をもらっていたのだけど、タイミングが合わず、ちょうど福岡出張中、天神の地下街を歩いていた時、ようやく電話に出ることができたんだ」と。そのとき、東京に戻り次第、お会いすることを約束されたのですが、先生、当時の天神地下街の映像が、今でも脳裏に焼き付いているそうです。

何よりも、お客様は、本当に、真剣に努力されておられますし、それを、佐藤先生は、しっかりとサポートされているように思います。税理士先生も、お客様のことを大変褒めてくださっていますし、これからも、もっともっと素敵な輪が広がってほしいです。

佐藤行政書士事務所職員一同、お客様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます(*∩_∩*)

2017.10.4.jpg

在中国、万圣節可以説是年年熱閙。如今是、可以和西洋的圣誕節相比的活動!?
posted by ビザ・バンク at 17:57| 行政書士秘書の日記

2017年09月27日

高松入管での話し合い

大家好!! (^_−)−☆

我們佐藤行政書士事務所的所在地的東京附近、最近天気変得涼爽、很舒服!!!

佐藤先生、高松出張から戻って来られました (^_^)V

2017.9.27-1.jpg

高松入管での面会は1時間半にも及ぶ、長時間の話し合いが行われました。

先生「入管法令の解釈を巡り、当局と見解に大きな相違があり、その他誤解が生じている点もある」と。

ただ「1時間半にも渡り、議論できたことは大変貴重だった、その意味では、当局側からの真剣で誠実な対応を感じた」と話されます。

それに、当初、佐藤先生は、審査期間中に何度もやり取りを行った上席の担当審査官との面会を望まれていました。より率直な意見交換を行うことで、問題の本質に迫りたいと考えていたからです。

それが、今回の面会で実現することができました。お蔭で、先生「しっかりと論点を整理できたし、当局側の考え方や立場を正確に説明してもらうことができた」と満足されています。

佐藤先生、この先、前に進んでいくための地図を手にすることができた。あとは、この地図を読み取りながら、今後のビザ申請方針等を会社様と一緒に、じっくりと考えていく、と話されています。

2017.9.27-2.jpg

佐藤先生、折角、高松を訪問したのだから、せめて「うどん」だけでも食べていこうと考えられたそうです。

2017.9.27-3.jpg

ここは、はなまるうどんの創業地、第1号店の本店です。

先生の「本店好き」は、このブログ「秘書日記」でも、ご紹介してきたとおりです。最近では、家具販売「ニトリ」さんの話題もありました。

2017.9.27-4.jpg

私、特別なメニューなのかしらと思ったのですが・・・。

先生「いつも食べてるのと同じで、美味しい」と喜んでいらっしゃいます。わざわざ、遥々高松まで行って、食べる価値があるのでしょうか!?

聴説佐藤先生、以前有経過這個店的前面。当時沒有入店里、這次是再次挑戦!(^^)
posted by ビザ・バンク at 19:08| 行政書士秘書の日記

2017年09月20日

数年ぶりの不許可です。

大家好!!(^_^)/

各位、三連休過得好嗎?台風的影響、很是担心!!!

佐藤先生、急遽、今週末に、高松出張の予定が決まり、いま、ちょうど準備の真最中です。

と言うのも、私たち佐藤行政書士事務所で担当させていただいている案件が不許可(不交付処分)となりました。

技術・人文知識・国際業務ビザで呼び寄せるため、高松入管にて在留資格認定証明書交付申請を行なっていたケースです。

佐藤先生が受任された案件で、不交付処分となることは滅多にありませんので、私も、あまり記憶がありません。事務所の記録を調べてみたところ、ここ5年近くは、1件の不交付処分もありませんでした。

今回の案件は、以前、地元の行政書士先生がご担当されていたのですが、過去の申請手続等において、様々な問題が絡み合い、未解決のまま山積みになっていました。まず1個1個、この問題を整理していかなければならないのですが、それでも非常に厳しい審査が予想されると、先生、当初から話されていました。

申請準備に約半年、入管での審査にも半年以上の歳月が掛かりました。佐藤先生、審査期間中、何度も何度も、高松入管の審査官の方々とやり取りをされていました。

佐藤先生「もしかしたら、我々の知らない重大な事実を入管当局が握っているのかもしれない(!?)」と、冗談なのか本気なのかよく分かりません・・・(`д´ ╬ )

先生続けて「許可を得られるだけの十分な主張立証活動を行なってきているのだから、審査の過程で、当局側との間に誤解が生じているならば、しっかりと説明して、誤解を晴らしていかなければならない」と話されます。

早速、面会を申出られたところ、高松入管側からは、統括審査官がご応対してくださるとの回答をいただきました。統括審査官は、部門での各申請案件を処理する責任ある立場の上席者です。

先生、まずは、統括審査官からのご説明をしっかり聞きたいと話されています。それを踏まえて、今後の方針等を会社様と一緒に、じっくりと考えていかれるのだろうと思います。

三連休中、去了横浜的店。中国語叫「宜家家居」!?還是第一次聴説 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 18:21| 行政書士秘書の日記