2021年09月15日

コロナの中の転職

大家好!!!

佐藤先生、今天从一早外出去横浜。
差不多這個時間快回来了!?

最近、私たち佐藤行政書士事務所では「転職」を巡るご相談を時々お受けします。

もちろん転職のカウンセリングとか悩み相談ではなくて、ビザ申請についてです。

お客様から話をお聞きしていると、新型コロナウィルスの影響で収入が大きく減ってしまったとか、仕事や会社そのものが無くなってしまったという場面もあります。

先日お見えになられたのも、コロナの影響で転職希望のお客様で、既に数社から内定を得ていらっしゃいました。

外国人の場合は、永住ビザ配偶者ビザのように就労が制限されていない在留資格を除いて、常にビザの問題が関係してきます。

こちらのお客様も、技術・人文知識・国際業務ビザをお持ちですから、転職にあたっては「ビザ」を慎重に検討する必要があります。

ここで佐藤先生「会社の規模は2番目、一番大事なのは、どのような仕事内容なのか」と仰います。

と言うのも、お客様は、ご相談中に、何度も何度も「〇〇会社は規模がとても大きいです」と、盛んにアピールされるのです。

お客様はこちらの会社へ転職希望のご様子ですが、その理由は、内定を得た中で、圧倒的に規模が大きいからのようです。

でも、先生は「仕事内容が技術・人文知識・国際業務ビザに当てはまるか、もっと慎重に考えよう」と話されます。

専門的な知識や技術を必要とする業務なのか、専門学校や大学等で学んだ専攻科目と関連性があるか等、まずは、この点が重要です。

その上で、もちろん上場企業などの大きな会社であれば、より良いです。

大きな規模の会社や誰もが知るような有名企業であれば「ビザ」の問題はないはず、とお客様が思われる気持ちは分かります。

しかし、それとこれとは別ですので、仕事の内容をしっかりと吟味しなければなりません。

私も留学生から就職して、その後転職した経験がありますから、お客様の気持ちはよく分かります。

とくに残りの在留期間に余裕があると、「ビザ」のことはあまり気にせず、大胆に考えてしまうこともあります。

でも後から、ビザ更新ができないとか、永住申請できなくなってしまうケースを、色々と目にしてきました。

転職する前は、特に、以前と仕事内容が変わるときは、「ビザ」の点を慎重に検討することがとても大切です。

外出的目的是参加一年一次的展示会。去年被中止、今年縮小規模、時隔二年的挙行!(^^)

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、担当アシスタントが休暇をいただきましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2021年09月08日

永住申請の理由

大家好!!(^_^)/

佐藤先生、今天也从一早去了東京入管。
最近、去得很頻繁(*^_^*)

先日、私たち佐藤行政書士事務所で受任している北米出身のお客様の在留期間更新手続を行いました。

こちらのお客様は北米出身者では珍しい技能ビザをお持ちの方で、もう10年以上も、私たちの事務所でビザ申請手続を担当させていただいています。

佐藤先生「今回が最後の更新手続だ!」と仰います。 と言うのも、今回の在留期間更新手続が無事完了したら、お客様のご希望もあり永住ビザを申請する予定にしています。

来日当初は、お客様ご自身が日本の生活に慣れていなかったり、勤務先の会社様も初めて採用する外国人のため色々な失敗がありました。

いざビザ手続を申請しようとしたら、何かの手違いで、会社側で住民税の納付手続が済んでなく、まるまる滞納状態で、大慌てしたこともありました。

そんなお客様も会社様も、今ではとてもスマートに在留期間更新手続の準備を行うことができています。

それに、佐藤先生、久しぶりにオンラインではなく、お客様と面談でお会いしましたら、嬉しい発見もありました。

お客様曰く「きじゅん!?ん〜とルールがあるでしょ、勉強しました」と。どうやら漢字の「書き順」を学ばれたようで、スムーズな書き振りになりました。

それから「最近ドンキで作りました!」と、MYハンコを見せてくださいました。折角ですので、今回の更新手続でも大活躍です。

すっかり日本社会に定着されているご様子で、永住許可申請に向けて、気掛かりなことはありません。パンよりもお米の方が落ち着くようにもなりました!!!

ところで、永住ビザが許可されるためには「永住許可を必要とする理由」がなければなりません。申請理由書の中で説明することが求められます。

お客様と会話して、普段の生活を見ていれば、それだけで十分に「永住許可を必要とする理由」が伝わってきます。

しかし、よく見掛けるような「マイホームを購入したい」とか「日本人と結婚している、子供が生まれた」というような動機がありません。

先生「マンションを買う予定は?」と尋ねると「NO」。日本人の方と交際中ですので「結婚の予定は?」と尋ねてみると「今はNO」。

それでは「どうして永住ビザが必要なの?」と尋ねてみれば「私、帰国することを全然考えてないです」と。

正にそうですね。「永住許可を必要とする理由」はお客様が仰る通りです。

この10年もの間、会社様にとって、お客様が果たしてくれた役割はとても大きく、貢献してくださいました。

お客様が居てくれたからこそ生まれた新しい事業もあります。まだまだお客様に活躍してほしいことがたくさんあります。

会社の担当者様も「皆んなで力を合わせて、本人のことが伝わる申請理由書を作り上げよう」と、意欲満々です。

今回のミーティングを切欠に、ますます団結心が高まったご様子、良い方向に進んでいます (^_^)V

具説最近東京入管不是很混雑、一般的来館者、几乎不用等就可以進入。
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2021年09月01日

久しぶりの電話

大家好(^^)

很感謝、能休了一個長暇。完全神清気爽 (^_^)V

先日、佐藤先生の元へ、あるお客様から久しぶりに電話がありました。

5年ぶりくらいだと思います。本当に久しぶりで、突然、聞き覚えのある声が、電話口から聞こえました。

こちらのお客様は台湾出身、私たち中国人が憧れる早稲田大学を大学院まで卒業された優秀なビジネスマンです。

ご兄弟姉妹の方々も、アメリカやヨーロッパで研究職に就かれていたり、エリート一家のお客様です。

そんなお客様の消息が不明になったのは5年くらい前のことです。当時、結婚されていた大陸人女性と不仲になり、離婚裁判へと向かっていたところです。

ビジネスを大きく成功されたお客様は、北京や東京でも事業を展開し、両国に渡って多くの財産を築かれていました。ですので、離婚に関連する裁判も、日本と中国の両国で争われました。

佐藤先生もよくご存知ですが、お客様は大変穏やかな性格で、争い事とはほとんど縁がないような方です。

それが、文字通り「泥仕合」の離婚裁判となりました。どうやら奥様は、お客様とは正反対の性格で、財産や親権を巡って激しく対立しました。

心身ともに疲れ切ってしまったのか、そんな渦中で、段々と連絡が途絶え、消息が分からなくなってしまいました。

それが、いまお客様は関西方面へ転居されていました。再婚もして、新しい家族と幸せに過ごされています。

前妻の奥様とは、離婚が成立したそうです。ただ財産も親権も全てを失いました。全て奥様の手に渡ったそうです。

今は再婚した新しい奥様が所有しているマンションに同居し、お二人ともバツイチ同士で義子との3人暮らしです。

1回目の結婚では、奥様に全てを奪われたけれど、2回目の結婚では、失ったものを奥様が充たしてくれました。

以前のお客様の口癖は「大陸の女性だけは絶体に結婚してはダメ」でした。私的には、ちょっと・・・(`д´ ╬ ) という気持ちですが・・・。

私、もちろん再婚相手の方は、当然「大陸女性」ではないと確信していたのですが、先生曰く「どうやら大陸の女性らしいよ」と・・・ (◎o◎)/

佐藤先生も、流石に突っ込んだ(!!)そうで、お客様「中国残留孤児の遠縁だから、日本人の血も少し流れているんだ」と、苦し紛れ(!?)の弁解です。

いやいや、幸せそうで、何よりです。佐藤先生も、出張で関西方面へ行かれる機会もありますし、新しい展開が生まれる予感です。

謝謝顧客的来電。佐藤先生説、時隔很久才聴到顧客的声音、真的很高興!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2021年08月11日

まだまだ北海道

大家好!!(^_^)/

三連休後、接着就是盆蘭節了。
今週不会是整個都是暑暇(*∩_∩*)

佐藤先生、まだまだ札幌出張中です。

東京の事務所にはどんどん郵便物が届きますから、せっせと北海道へ。一体、何日に戻られるのかしら (☍﹏⁰)。

そんな札幌滞在中の先生、たまたま出掛けた郵便局で、なんと偶然の大発見(!?)があったらしいのです。

2021.8.11-1.jpg

こちらの郵便局のちょうど目の前が、オリンピックマラソンコースのスタート地点だったのです。

2021.8.11-2.jpg

歩道の傍らに、誰も気にすることなく、東京五輪マラソン開催を記念するプレートがそっと埋め込まれていました。

調べて見ましたら、つい先月、スタート地点やフィニッシュ地点、5キロ毎のポイントなど、コース沿道の歩道に記念プレートが設置されたそうです。

ただ、具体的な場所などは発表されていない様子なので、あまり気が付かれていないのかもしれません。

どうやら先生、味を占めた模様で「5キロと10キロのポイントも、仕事で出掛ける近くなんだ!」と。

いえいえ、それよりも、まずはお仕事に集中してください。それで、早くに東京へ戻ってくださいませ (^_^)V

2021.8.11-3.jpg

このゲート、私もTVで見ました!!!マラソン開催前の風景です。

2021.8.11-4.jpg

会場の大通公園は金網で囲まれていて、未だ立入禁止のようです。

半年後就是北京冬季奥運。不安和期待交錯在心中。

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週と再来週は、担当アシスタントが夏休みをいただきましたので、二週連続でお休みします。
posted by ビザ・バンク at 19:52| 行政書士秘書の日記

2021年08月04日

猛暑の北海道

大家好!! (^_−)−☆

奥運也将接近終盤。開始後一転眼的印象(*^_^*)

佐藤先生、只今、札幌へ出張中です。

北海道も今まさに大変な猛暑で、「観測史上初」とか「記録的」な毎日が続いているそうです。

暑さ対策で、東京オリンピックの競歩とマラソンが札幌で開催されることになりましたが、「異例」だらけの北海道では、東京と比べてあまり変わらない様子です。

2021.8.4-1.jpg

札幌でも「五輪」マークのモニュメントが設置されました。背景真ん中は札幌出入国在留管理局札幌入管)が在る建物です。

2021.8.4-2.jpg

大会開幕に合わせて「シティドレッシング」と言うそうですが、札幌中心部の地下歩道やマラソンコース沿道が統一的なデザインで装飾されています。

2021.8.4-3.jpg

競歩は明日の5日と6日、マラソンは7日と8日に、それぞれ開催です。連日とも30度を超える真夏日の予報ですから、暑さが心配です。

在札幌、佐藤先生平時常去的飲食店大概全都在休業中的様子。最喜歓的酒也没得喝、是厳熱的夏天(>﹏<)
posted by ビザ・バンク at 18:01| 行政書士秘書の日記

2021年07月28日

奇蹟のお客様。

大家好(^^)

今天的天気也很熱(>﹏<)卓球的話題很受関注 (^_^)v

先日、ある会社の社長様が来所されて、新しく採用された外国人の在留期間更新手続について打合せを行いました。

すると佐藤先生、お客様の資料を見ながら「この町の名前、たしか見たことがあるね」と仰います。

そう言われますと、全く別件で、只今受任しているお客様の資料の中にも、同じ地名があったような気がします。

打合せ後に、早速記録を見返してみたところ、やはり的中で、別件のお客様のご出身地でした。

本当に不思議ですね、2つの案件は、全く別々で、お客様同士に共通点は何もありません。

それなのに、同じタイミングで、偶然、地球の反対側で、お客様のビザ申請手続を私たち佐藤行政書士事務所が担当することになりました。

これまでも、例えば上海市在住のお客様が重なったり、私と出身が同じ瀋陽市のお客様も度々いらっしゃいます。

でも上海市の人口は2400万人以上ですし、瀋陽市も800万人以上です。それに何と言っても、中国人は、日本にたくさん居ますから。

それに比べて、今回のこの町は、もしかしたら北米の地理に詳しい方ならご存知かもしれないですが、先生も私も、全く知りませんでした。

検索してみると、どうやら、北米大陸のほぼ中央に位置する中規模な地方都市だと分かりました。

小麦などの生産地帯で農産物流通の拠点でもあるそうです。人口は、上海や瀋陽に比べると桁が2つも違います。

何か運命的と言うか、奇跡的な気持ちになりますね。お客様同士はご存知ないはずなんです。

もう喉元まで教えてあげたいと気持ち、それでも、佐藤先生「守秘義務は厳守しなければならない」と仰います。

行政書士先生は、業務上の取扱った事項の秘密を漏らしてはならないし(行政書士法第12条)、行政書士事務所の職員も同様に守秘義務が定められてます(同第19条の3)。

地球の裏側で、こんな接点があるなんて、本当に奇蹟的なお客様です。心の底に、そっと置くことにします。

それにしても、佐藤先生、地名を見ただけで反応されるのですね、流石です。どれだけお客様の資料を読み込んでいるのか、驚きます。

从明天開始、佐藤先生去札幌出差。北海道的新的感染不断在拡大、還請多々注意!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:03| 行政書士秘書の日記

2021年07月21日

国民年金のすすめ

大家好!!!

明天開始四連休。不知大家如何度過??

佐藤先生、最近ちょっと心配な出来事があった様子です。

ちょうど2年くらい前、永住許可のガイドラインが改正され、実務上も、永住審査の方針が大きく変わりました。この話題は、当時、このブログ「秘書日記」でも、何度も取り上げました。

私たち佐藤行政書士事務所でも、改正により、新しい実務の運用では永住許可を見込むことができないため、永住申請を諦めなければならないお客様がいらっしゃいました。

それまでは、申請時点で、社会保険(年金や医療の保険)に加入して、税金も含めて滞納が無ければ足りていたのですが、改正後は、これらの公的な費用を「いつ」支払ったのか、支払うべき適切な時期に支払ったのか、という点も審査の対象になりました。

これは、佐藤先生のお話では、永住申請に合わせて過去の滞納分を支払い、その後永住許可されると、また滞納を再開するという悪質者が絶えない等の問題があったためのようです。

私たちの事務所でも、転職を切欠に、それまで加入していた会社の社会保険から国民健康保険に切替わったお客様がいらっしゃいました。

何かの手違いがあったのか、こちらのお客様、当時、国民健康保険には加入されていたのですが、年金は加入されていませんでした。

永住申請のご希望があったのですが、改正後の実務では、慌てて国民年金に加入して、年金保険料を支払っても間に合いません。

まずは国民年金に加入して、そこから2年間の実績を重ねることが必要です。この実績を作ることによって、ようやく永住申請の土俵に上がることができます。

当時、佐藤先生「直ぐに国民年金に加入する手続を行なうように」と話されていました。そうでなければ、いつになっても、永住申請することはできません。

つい最近、別件の手続のために、お客様の資料を目にする機会がありました。

直接、ご本人様から話を聞いた訳ではないので、正確には分からないのですが「ひょっとしたら、未だ国民年金の加入手続を行っていないかもしれない」と、佐藤先生、少しショックだったご様子です。

たしかに、年金保険料は高くて、支払うのが大変という声をお聞きすることがあります。やはり負担感は大きいと思います。

それでも、永住ビザを希望されるということは、老後になっても、このまま、ずっと日本に住んでいたいというお考えのはずです。

いま支払っている保険料は泡と消えるのではなく、将来、ご自身が高齢者になったときに、必ず年金として受取ることができる費用です。

佐藤先生も「無保険者を作らないためにも、ご本人の生活の安定のためにも、この審査基準は必要」と仰います。

どうか、先生の勘違いであると良いのですが・・・・。

不能遠出旅游、還是在家看奥運会!?
祝大家連休愉快 m(_ _)m
posted by ビザ・バンク at 17:56| 行政書士秘書の日記

2021年07月14日

会議室が元気です。

大家好 o(^_^)o

佐藤先生、今天一天外出。剛回到事務所。

私たち佐藤行政書士事務所では、先月の半ば頃から、来所されるお客様が急に増えてきました。

それまでは、オンラインの会議や打ち合わせが圧倒的に多く、時期によってはほとんど来客が無い月もありました。

会議室は、もう佐藤先生の第二の机状態・・・ (◎o◎)/ 先生の資料置場になって、どんどん積み上がります。

今までに経験したことが無い程、出入国者数が激減しているため、仕事が暇なようにも思えるのですが、実際はそうではなくて、目がぐるぐるしそうです(>﹏<)

受任中の案件が収まり切らず、来客が無いことをよいことに、資料の束が、会議室へどんどん進出していました。

やはり、お客様がお見えになられると整理整頓しますし、会議室も本来の目的で使用できます。それに何と言っても活気がありますし、良い雰囲気です。

先日も、ご友人の税理士先生がお見えになり、女性社長のお客様も加わり、三者で会議を行いました。

オンラインですと、無駄話と言うか、本題以外の話題は余りしないので、久しぶりに会うと、新しい発見もあるのですね。

なんと女性社長様、最近、地元の自治体のビジネスコンクールで優勝されたそうです。「地元」と言っても、そんな小さな町では全く無いです。人口も企業数も凄く多い東京近郊の大都市です。

行政主催のコンクールだったので、地元の有力企業や自治体関係者とも人脈が広がり、このコロナ禍の中で、次から次と新しい事業展開がありそうな様子です。

一方、最近社長様が大変期待を掛けて採用したヨーロッパ出身の女性、私たちの事務所でビザ申請手続を担当させていただいたお客様の話題が全く上がりません。

どうしてもと強いご希望があり、佐藤先生、普段にも増して、万全の態勢で技術・人文知識・国際業務ビザを申請した案件です。

佐藤先生が何度も話題を振ると、社長様、重たそうに口を開いて「先生には、言い出せなくて・・・」と。

なんと技術・人文知識・国際業務ビザが「許可」された直後、すぐに退職されたそうです。3年のビザが丸々残っています (☍﹏⁰)。

女性社長様が、全く話題にされていなかったのは・・・そうなのですね、察します。

直接お会いすると、お互いを知り、理解する良さがありますし、他方、オンライン会議は、圧倒的な便利さが魅力的です。

つい先日も、佐藤先生、札幌の会社様とオンライン会議されて、改めてこの便利さを噛みしめられていました。

2021.7.14.jpg

お客様からお土産を戴きました (^_^)V

地元のNPO法人が、地元の素材だけで拘った品だそうです。お客様の「地元愛」が詰まっていますね。

佐藤先生、対這位女社長開業以来都一直很期待。我們為顧客的進一歩成功祈祷。
posted by ビザ・バンク at 18:05| 行政書士秘書の日記

2021年07月07日

雇用の必要性

大家好!!!

佐藤先生、現在正在会客中。事務員的我先告辞了 (^_^)V

私たち佐藤行政書士事務所で、もう何年も前からビザ申請手続を担当させていただいている大規模なプロジェクトがあります。

外国企業と日本企業が協同で行っている事業で、外国製の機械を操作するために、専門の外国人技術者が必要になります。

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、当初の計画通りに、プロジェクトを進めていくことが厳しくなっています。

計画では外国人技術者の方々は、本国と日本との間を頻繁に往来しながら業務を担当する予定でしたが、今はとても難しいです。

本国へ一旦帰国されると、コロナに起因する入国制限、各種証明書の手配、海外(日本)での感染時対応のリスク等の理由で、再入国の目途が立たなくなってしまいます。

そこで、新たな人材を確保するため技術者を増員する必要がありますが、日本国内では調達することができません。

この外国製の機械を操作できる技術者を本国で募集し、在留資格認定証明書交付申請を行い、日本へ呼び寄せなければなりません。

佐藤先生「重要なポイントは、しっかりと雇用の必要性を説明していくことだよ」と話されます。

事業計画や日本の労働法に基づいて割出した外国人技術者の人数をもとに、これまで入国管理局へ説明し、ビザ申請手続を行ってきました。

ですので、さらに技術者を増員して呼び寄せるためには、どうして新たな人材を雇用する必要があるのを具体的に示さなければなりません。

プロジェクト自体は、現在も有望で将来性が高いです。ただ、お客様会社が持っている日本国内での権利関係なども踏まえると、計画を後ろ倒しにすることが出来ません。

これからは、佐藤先生の腕の見せ所です(*^_^*)

時間は掛かりましたが、ついに本国側で人選が出来ました。今度は日本側で手続を行う番です。大幅増員で計画を巻き戻していきたいと、先生やる気満々です。

今天是七夕!!其実我和織女一様、今天是我的生日!!!
posted by ビザ・バンク at 18:10| 行政書士秘書の日記

2021年06月23日

コロナと自然災害の話。

大家好!!(^_^)/

今天六月二十三日是、奥林匹克運動会的日。距離東京奥林匹克運動会、還有一個月。

先日、保険代理店の方が事務所へお見えになられました。

プロフィールを拝見すると、優秀な営業成績で何度も表彰された経歴をお持ちです。現在は、独立系FP事務所を設立されているのと同時に、資産家や経営者向けの保険提案を行なっているそうです。

佐藤先生もCFP(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)の資格をお持ちですので、話がかなり盛り上がっている様子です。

そのような中、話題は、最近の自然災害の被害状況と火災保険についてです。

近年、台風や豪雨による大規模な風・水災害が多発し、それに連動して、損害保険会社の保険金支払額も増加しているそうです。

とくに2018年度と2019年度で急増しているのですが、これは2018年7月の西日本豪雨、台風21号、24号、2019年に東日本を襲った台風15号、19号などの被害によるためだそうです。

たしかに、2018年の西日本豪雨のときは、ちょうど佐藤先生の四国出張と重なり、地元のお客様が大変だったことをよく覚えています。

2019年の台風では、千葉外房に在るお客様の家の屋根が飛んでしまったり、私たち佐藤行政書士事務所のそばを流れる目黒川の水位もかなり上昇しました。

そんな話題の中、ふと思うと、去年は、台風や豪雨があまり無かったので、このような大規模な災害が発生した記憶もほとんどありません。

そして、私、ずっと気になっているのですが、この自然災害とコロナは関係しているのだろうか?

コロナで経済活動が停滞し、飛行機の便数が大幅に減っていることが地球環境に大きく影響しているのかしら、と。

世界中を飛び回っている飛行機の便数が圧倒的に少なくなったことが、去年、日本へ台風が上陸しなかったことと関係があるのかもしれません、皆様、どう思われますか?

もう1つ、毎年、事務所の敷地で満開に咲いているツツジをこのブログ「秘書日記」でご紹介することを楽しみにしているのですが、今年は、全く咲かず、ご紹介できませんでした。

私、このこともずっと気になっていて、やはりコロナの影響じゃないかしら、と疑ってます・・・ (◎o◎)/

先生にお話しすると「少なくともツツジの方は違うと思うよ」と(>﹏<)

周辺のツツジは満開に咲いていましたし、普段通りの様子だったよと、的確なご指摘です。

そう言えば、管理員の方が異動になりましたので、もしかしたら肥料を与えるのを忘れてしまっていたのかもしれません。

明年的迎春花会不会盛開?還是先向管理公司的職員、問一下肥料的事 (^_^)V

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、担当アシスタントが休暇をいただきましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 18:07| 行政書士秘書の日記