2014年10月08日

お客様からのご招待^^

大家好!(^^)

前幾天的台風、真的佷励害。日本全国的各位、真是辛苦了。在東京、正好和上班時間重畳的各位也佷多吧、辛苦了。

ところで、先日、お客様が、結婚式の披露宴に、佐藤先生をご招待してくださいました。日本人のご主人様と北欧出身の奥様のご夫婦です。

このお客様、はじめて、ご相談をお受けしたのは、もう数年前、ご主人様が、奥様の母国を訪ねられていて、ちょうど国際結婚手続の準備を進められていた頃でした。奥様が、就職される予定だった会社が、ビザ申請手続をきちんと理解していなくて、手続上の問題を引き起こしてしまっていました。

この会社に対する不信感もあり、当時、お客様ご夫婦は、今後の配偶者ビザ申請手続に対して、大変な不安を抱かれていました。佐藤先生は、この問題を起こしてしまった会社責任者の方にも連絡を取りましたし、入国管理局に対しても、どのようなことが問題になっている可能性があるか、詳しく調査をされました。

先生は納得できるまで、時間を掛けて、十分な準備をして、それから、配偶者ビザ申請手続を行いました。その結果、なんと、当時の一般的な審査期間と比べても半分以下、驚くほど短い審査期間で、許可がされました。このことには、お客様、本当に喜んでくださいましたし、私たち佐藤行政書士事務所職員一同も、大変嬉しかったこと、いまでも覚えています。

その後も、配偶者ビザ更新の手続を担当させていただき、佐藤先生、次は、いよいよ「永住権(永住ビザ)だ」とお話されています(*∩_∩*)

ご結婚からは、少し時間が過ぎましたが、今回、奥様の母国からも、ご家族の皆様が来日されて、日本で、披露宴を挙げられます。お客様、佐藤先生のことを、大切に思い、披露宴にまでご招待してくださいましたこと、本当に感謝申し上げます m(_ _)m 先生も、とても喜んでいて、楽しみにされています\(^-^)/

顧客、祝你們永遠幸福。我們佐藤行政書士事務所全体職員、真誠的祝福你們 m(_ _)m

2014.10.8.jpg
posted by ビザ・バンク at 18:08| 行政書士秘書の日記

2014年10月01日

短期滞在ビザと代行会社

大家好!!

从今天開始是10月份了〜、在我的祖国中国是国慶節。対了、這里東京都、今天是都民的日子(^_^)V

ところで、観光や親族訪問等を目的とする短期での来日でも、査証免除対象国以外の方々は、事前に“短期滞在ビザ”を取得しなければなりません。

この手続は、現地の日本国大使館領事部や総領事館で行うのですが、例外的に、たとえば中国やフィリピンでは、指定の代行会社を通じて、手続をすることになっています。なのですが、この代行会社での対応が、いろいろな問題を引き起こしてしまうこともあるようです。

私たち佐藤行政書士事務所で受任しましたお客様、完成した申請書類一式を代行会社に提出したところ、「この書類は要らない」、「別の書類も提出しなければ受付できない」、さらに酷くなると、代行会社の職員が、一部の書類を要らないと言って破り捨てたり、勝手に、書類を書き換えてしまったり。。。

私も日本での生活が長くなったので、お客様から、このような連絡をいただくと、日本では考えられない対応に、驚いてしまいます。私たちの事務所で、受任しているお客様は、単に、短期滞在ビザだけ許可されればよいというケースはむしろ少なく、その後に、配偶者ビザや就労ビザといった長期滞在が可能なビザを取得する前提で、短期滞在ビザを申請する場面が多くあります。

ですので、佐藤先生は、全体のビザ申請手続の流れを考えながら、それぞれの申請ごと、個々に必要な提出書類を考えていらっしゃいます。実際にも、代行会社が原因で、いろいろな問題が生じていますが、そのようなとき、先生は、直接、大使館領事部や総領事館の担当領事の方と話をして、やり取りをされています。

こういった代行会社を通じての受付は、法律で定められているわけではなく、外務省内の一部局だけで、決めているそうです。佐藤先生から、お聞きしました。代行会社を経由しなければ受付られないという取り扱いには、佐藤先生はもちろん、行政書士会も「会」として問題意識を持たれているとのこと、先生が話してくださいました o(^_^)o

由于代行公司的原因、変成「不許可」的情況、這個代行公司及担当職員、将如何補償這些。真是很有問題。
posted by ビザ・バンク at 18:01| 行政書士秘書の日記