2019年05月22日

お別れです!?

大家好!! (^_−)−☆

昨天、下了一場好大的雨、大家還好嘛?

突然ですが・・・。

佐藤先生は、今から20年以上も前、1997年7月に会社を起業されて、その半年後に行政書士登録されました。

起業した当初は、自宅と事務所が一緒で、パソコンや携帯電話も持っていませんでした。

はじめてのパソコンは、Windows98が世に出た時、大学時代のご友人とお揃いで購入したNEC製ノートパソコンだったそうです。

先生「仕事がたくさんある訳ではないし、お金に余裕がある訳でもなかったから、かなり清水の舞台から飛び降りる思いだった」と話されます。

当時は、電話回線でネット接続していた時代でしたし、なんでFAXを使わないで、わざわざメールで送信するの?という感覚です。

いま、会社設立当時からの名刺の記録が残っているのですが、佐藤先生の初めての名刺には、メールアドレスは印字されていませんでした。

そんなPC黎明期の中で、佐藤先生はノートパソコンと合わせて、当時としては、かなりハイスペックのプリンターまで購入されました。

先生曰く「めちゃめちゃ高かったよ。でもプロとして、見た目にもしっかりとした書類を作りたかったからね」と。

当時、個人事務所で使うプリンター(※複合機なんてありません!)と言えば、感熱紙か、せいぜい小型でA4サイズまでのインクジェットプリンターだったそうです。

それが、当時高価だったキャノン製のA3サイズまで印刷できるレーザープリンターを購入されました。周囲には、そんな高価なものは必要ないと言われたそうですが、佐藤先生にとっては、A3まで印刷できる貴重さと、レーザーの仕上がりが格別でした。

そのプリンターが、ついこの間まで、先生のデスクの横に置いてありました。「思い出がぎっしり詰まっているから」なんだそうです。

もちろん「現役」ではありません。消耗品が製造されていませんし、端子も違うので、いまのパソコンとは接続できません。

私が佐藤行政書士事務所で働くようになってから、一度も使ったことは無いですし、以前は、どうしてこんなに古いプリンターがあるのかも知りませんでした。

でも、それが、とうとうお別れ(=廃棄)することになりました。

正直に言えば、凄く「邪魔」(>﹏<)なのです。いま事務所には、大型の複合機からデスクサイドの複合機まで用途ごとにあって、使わない古びたプリンターが先生の脇という「一等地」を占領しているのは、とても不便です。

先日、ちょうど良い機会があったので、佐藤先生に「廃棄」を提案してみたのですが、案の定、即NGでした。

それでも、このタイミングで廃棄しないと、いつまでもこのままです。思い出は写真の中に残すことを再提案し、あとは、法律家らしく民主的に解決を図ります (◎o◎)/

その結果、賛成多数で「廃棄」(=お別れ)が可決。お蔭様で、空きスペースを有効活用できるようになりました。

2019.5.22.jpg

佐藤先生には、ちょっと気の毒な思いもありますが、誰かがやらねばなりません・・・(`д´ ╬ ) ちなみに、冒頭のNEC製ノートパソコンはまだしっかり鎮座してます (^_^)V

雨過天晴、今天開始温度漸漸上升。請保重!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:04| 行政書士秘書の日記

2019年05月15日

永住ビザと卒業

大家好 o(^_^)o

佐藤先生、今天一天、一直在事務所里開会(*^_^*)

私たち佐藤行政書士事務所では、ここ最近、永住ビザ申請のご依頼を随分多くお受けしています。

もちろん、新規のお客様で、初めてのご依頼として永住ビザを受任することもありますが、やはり永住ビザでは、これまで引続きご依頼を受けているお客様が多いです。

以前に、ある行政書士先生が、永住ビザ申請のことを「卒業」と仰られていましたが、何となく、そのお気持ちが分かります。

在留資格認定証明書申請在留資格変更申請などを切欠に、私たちの事務所で、お客様のビザ手続を担当させていただくことになり、その後、何度かビザ更新手続を経ていきます。

その間、定期的にご面談をして、その時々のご様子をお聞きします。どんどん日本社会に慣れてこられ、日本語も上達されていることがとても良く伝わります。

初めてお会いした時とは随分雰囲気が変ってきていて、永住ビザ申請の頃には、自信というか、ドッシリとした様子を頼もしく感じることも多々あります。やはり「卒業」という言葉が当てはまるのかもしれません。

ところで、そんな永住ビザ申請ですが、現在「永住許可に関するガイドライン」を一部改正する手続が行われているところです。GW直前に、パブリックコメントの意見募集が終了しました。

佐藤先生、今回の改正の大きなポイントは2つあると仰います。

そのうちの1つは、新しい在留資格「特定技能」に対応するもので、特定技能1号ビザの間は、永住許可の滞在期間にカウントされないというものです。

先生曰く「これは、昨年11月の安倍総理の国会での答弁を踏まえた内容だろう」と。

当時の入管法改正案に関連して、国会で、安倍総理が新在留資格の永住許可は「ハードルはかなり高い」と発言されたことが、この永住ガイドラインの改正として表れているのだろうと話されます。

ただ、先生のお考えでは、今回の改正で重要な点は、2つの大きなポイントのうち、もう一方の側のようです。

私が見る限りでは、何が実際に変ったのか、新旧両者を並べても違いが分からないのですが、先生は、そのように話されます。

一見すると、違いがよく分かりませんが、実務でどのように運用されていくかによって、意味が大きく異なってくる可能性があります。

今回改正される永住ガイドラインが、今後どのように運用されていくのか、しっかり見極めていきたいと思います。

このブログ「秘書日記」でも、何か取り上げられるテーマがありましたら、是非ご報告させていただきます (^_^)V

2019.5.15.jpg

事務所の敷地に咲いているツツジの花が、只今ちょうど見頃です!!!

大家知道嗎?漢字写為躑躅 (◎o◎)/
順便説一下、中国語叫映山紅。這個大家也知道嗎??
posted by ビザ・バンク at 18:10| 行政書士秘書の日記

2019年05月08日

福島出張

大家好!!!

黄金周大家過得好嗎??十連休真的很満足(*^_^*)

ところで、佐藤先生、GW直前に福島出張がありました。

福島への出張は珍しいですので、今回のブログ「秘書日記」は、そのご報告をしたいと思います。

お客様は、日本人の奥様と外国人のご主人様。ご家族は、ご主人様の仕事の関係で、これまで長い間、アメリカやカナダに居住されてきました。

しかし、様々な辛い事情があり、ついに、ご家族揃って日本へ生活の本拠を移すことを決断されました。それでこの度、配偶者ビザ申請を行うことになりました。

ご家族全員は、現在カナダに在住されていますので、ご主人様の配偶者ビザは、在留資格認定証明書交付申請で呼び寄せることになります。

2019.5.8-1.jpg

申請準備が完了しましたので、日本の招へい側のお客様と最終確認の打合せをするため、佐藤先生、福島へ向かわれました。

2019.5.8-2.jpg

当初仙台出入国在留管理局へ申請することも検討していましたが、今回は、先生、最終的に郡山入管仙台出入国在留管理局郡山出張所)へ提出することを決められました。

ところで・・・・。

郡山入管へ向かう途中、「三春町」と言う看板を何回も目にされたそうです。

三春町と言えば、佐藤先生、直ぐに日本三大桜の1つ「三春滝桜」の町と気が付きました。

樹齢1000年以上の巨大な桜のことを知ったときから、先生、一度は見てみたいと思い描いていたそうです。まさに季節的には桜と重なりますし、地図を見ると、郡山入管からもかなり近い様子です。

2019.5.8-3.jpg

先生、見に行ってしまいました。もちろん、お客様の配偶者ビザ申請を提出した後、無時仕事が終了してからです。

2019.5.8-4.jpg

なんとも微妙な感じです(>﹏<)ほんの1〜2日前くらいまでは満開で、見頃だったらしいのですが (☍﹏⁰)。

それでも、先生「行くことが出来た!」と、とても満足されていらっしゃいます。

しかも「来年の桜の時期には、お客様家族が揃って、この桜を見られるように」、そんなことを(勝手に!?)心の中で誓われたらしく、めちゃめちゃやる気満々です。

たくさんの困難な問題を抱えられて、懸命に頑張っている奥様の姿、先生に、しっかりと伝わっています。

佐藤先生、仕事は(も!?)出来る先生ですので、どうぞご安心ください (^_^)V

郵件都快堆成山了。如果不整理会越来越積累!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:05| 行政書士秘書の日記