2019年08月21日

永住ビザの実務運用・・・続き

大家好!!(^_^)/

最近、有関永住査証的話題比較多。詢問電話也很多 !!!

前々回のブログ「秘書日記」で「永住許可に関するガイドライン」が一部改正されたことに伴い、実務上の運用が大きく変わってきていることをお話しました。

とくに、住民税や公的保険の納付状況について、単に納付しているかどうかだけではなく、本来支払うべき適切な時期に納付していたかどうかまで、徹底的に証明することが求められるようになったこと等をご紹介しました。

その後、お客様からたくさん反響を戴きました。やはり、それだけインパクトが大きいのだと思います。

佐藤先生も「実務では、とても大きな影響がある」と話されますが、本当にその通りに感じます。

このことは、最近の私たち佐藤行政書士事務所でのご相談例でも、よく分かります。

たとえば・・・・

もう何年もの間、私たちの事務所でビザ申請手続を担当させていただいている東南アジア出身のお客様です。

お客様の在留資格は定住ビザですので、就労制限も無く、一般永住と呼ばれる原則の手続に比べて、短い在留期間で永住ビザ申請を行うことができます。

佐藤先生、お客様を巡る家族状況やその他の様々な事情を踏まえて、何年も前から、なるべく早い時期に、永住申請の準備をするよう、何度もアドバイスされていました。

しかし、お客様にとっては、定住ビザですので、とくに就労制限もありませんから、仕事面で困ることが無かったのだと思います。許可される在留期間も長いので、一旦、ビザ更新手続が許可されると、ホッと安心されてしまうのかもしれません。

これまで、お客様は、永住ビザ申請の準備を一切進められていませんでした。それが不思議なめぐり合わせなのか、先日、永住ビザ申請をしたいと、ご連絡を戴きました。

残念なことに、これまでの実務運用によれば、永住ビザが許可される余地は十分あるのですが、大きく変わった現状の実務では「少なくとも当面の間は、永住申請を行うべきではないだろう」と、佐藤先生、仰います。

お客様は、ずっと正社員として勤務されていた会社を退職し、派遣社員で仕事をされることを選択されました。その際、お客様の希望で1社ではなく、複数の会社で勤務されることも選ばれました。

実際の労働時間は、合計すれば、正社員と同様の労働時間になるのですが、1つ1つの会社ごとに見ると、会社の社会保険が適用される労働時間を充たしていません。

ですので、お客様は、あまり意識しないまま、社会保険が未加入状態になり、かなりの時間が経過しています。

それまでは、給料から社会保険料が控除されていましたので、自ら納付した経験も無く、自覚がありません。

前職退社後、健康保険証が無いため、地元の自治体で、国民健康保険の加入手続を行われました。

しかし、ずっと給料から控除されていただけですので、国民健康保険と国民年金を別々に納付しなければならないことをご存じではありません。現在も国民年金は未加入のままでした。

少なくとも、新しい実務運用に当てはめると、お客様のようなケースで、永住ビザが許可されるのは、とても難しいだろうと思われます。

こちらのお客様、もう何年も前から、永住ビザを申請するチャンスはありました。先生のご指摘の通りに、もっと早い時期に申請をしていれば、今頃は、もうとっくに永住ビザを許可されているはずです。

残念で仕方ありません。今後、新しい実務の運用が積み上げられていく中で、様々な問題が起きてくると思います。

私たち佐藤行政書士事務所でも、しっかりと実務の動向を見つめ、経験を高めていきたいと考えています。

制度有大的変動時、往々会有很多的伝言。
大家不要被伝言上当!(^^)

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、担当アシスタントが夏休みをいただきましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 17:57| 行政書士秘書の日記