2020年02月05日

様々な意見

大家好(^^)

新型冠状病毒的話題一直都在継続。
感染者的人数日日増加。

ところで、この新型冠状病毒(新型コロナウイルス)のことは、私のSNS(微博)でも、皆が色々な話題を書き込んでいます。

1つ1つ読んでいると、それぞれの環境によって、こんなにも違うのかと、複雑な気持ちになってしまいます。

私と同じように、長い間日本に住んでいる中国人の多くの友人たちは、皆、日本への感謝の気持ちで溢れています。

日本政府が、武漢へ日本人帰国者を迎えに行ったチャーター便、その飛行機の中に、たくさんのマスクや防護服などの物資を積み込んでくれました。

九州の大分市は、武漢市と友好都市で「武漢加油」とメッセージを添えたマスクをたくさん送ってくださいました。

皆んな、これらの話題を挙げて、こんな素晴らしい日本という国に住ませてもらえて誇らしく感じるし、日本国や日本人に感謝の気持ちで一杯だと、たくさんたくさんの書き込みがあります。

しかし、あまり日本へ来たことの無い中国大陸の友人たちは、少なくとも私のSNS(微博)では、この話題に触れる人は、誰もいません。

日本から、こんなにたくさんの支援物資が届けられていることすら、全く知らない様子です。

先日、東京都内で友人と参加したイベントの話題をUPしたところ、思いも寄らない返信がありました。

私は武漢から遠く離れた遼寧省瀋陽市の出身ですが、そんな東北の友人たちも人が集まる場所には出掛けないようにしていると言うのです。

それなのに、私は呑気に、人ごみの中に、平気で出掛けている、と注意されてしまったのです。

彼女も、日本から中国へたくさんの支援物資が届けられていることなど、何も知りません。

反対に、意外と言うか、嬉しい話題もありました (^_^)V

韓国ソウル市に滞在している姪っ子から、昨日連絡がありました。

武漢へ日本人帰国者を迎えに出発したチャーター便のことを知っていると言うのです。行きの機内は空っぽだから、日本からマスクなどのたくさんの支援物資を積んで届けてくれたと、韓国内で大きく報道されているのだそうです。

姪っ子は、未だ年齢も小さいですし、普段このような話題をすることはないのですが、とても心に残った様子で、わざわざ知らせてきました。

日本に住んでいる私へ伝えようと、凄く誇らしげな様子でしたので、きっと正しく、肯定的な報道だったのだろうと感じました(*∩_∩*)

本当に様々です。ただいずれにしろ、この新型冠状病毒(新型コロナウイルス)の話題は一向に納まらないどころか、感染者の数もどんどん増えていて、とても心配です。

聴佐藤先生説、在東京入管、要求申請短期滞在更新的中国人排成了長隊。

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、先生の大阪出張に同行することになりましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 18:03| 行政書士秘書の日記