2020年03月25日

母親が日本人であっても・・

大家好!!(^_^)/

大家好、今天是給料日 (^_^)V
和中国不同、在日本二十五日是発工資的日子!!!

以前(2月26日)のブログ「秘書日記」(>>こちら)では、出生時の国籍取得の方式には、大きく出生地主義と血統主義という考え方があり、後者には、父系血統主義や父母両系主義があることを話題にしました。

このうち、日本の国籍法は、現在は父母両系血統主義ですが、昭和59年12月までは父系主義が採られていて、外国人父と日本人母の間に生まれた子には日本国籍が与えられなかったことをお話しました。

これは、決して歴史上の話題ではなくて、現在の30歳代くらいまでの方々が当てはまりますので、今でも、私たちの事務所に来てくださるお客様の中には、お母様が日本人でも日本国籍が無く、様々な社会的弊害を抱えて、ご相談に見えるお客様がいらっしゃいます。

日常生活の中では見えないことでも、やはり就職の場面であったり、仕事上の差別的な扱いなども多々あります。

さらには、結婚等の身分事項にも、様々な手続上の問題が発生します。いくつか具体例を挙げてみます。

私たちの事務所でも、お母様が日本人、お父様がイスラム圏のご出身というケースをよく見ます。お子様はお父様の国籍になりますが、自身の国には一度も行ったことが無く、日本で生まれ育ったので文字も読めません。

このお子様が結婚しようとすると、自国で発行される証明書等の公的文書が必要になるのですが、これを集めることが大変です。

佐藤先生が、これまでに担当されてきた事案でも、完璧に書類が集められるということはほとんど無いので、日本側の市役所や区役所でスムーズに手続が終わることは滅多にありません。

市役所や区役所では「受理伺い」と言って、一旦預りの状態になります。その後、地域中心の法務局に在る国籍課から呼び出しがあって、担当官から面談を受けたり、追加資料を求められたりします。

佐藤先生も、この国籍課へは何度も出向かれたことがあり、お客様と一緒に担当官から面談を受けられています。

そうやって、どうにか無事結婚手続が出来ても、次には、出産の問題があります。

現在は日本の国籍法は父母両系主義ですので、男女いずれも、お相手の方が日本人であれば、そのお子様は日本人で、出生により日本国籍を取得します。

しかし、ご結婚相手が、必ずしも日本人であるとは限りません。実際に、私たちの事務所で扱うケースでも、お相手の方が日本人以外のことはよくあります。

そうなると、出生によって、お子様に日本国籍が与えられることはありません。外国人として、在留資格を取得することが必要になります。

日本人の母親から生まれ、日本人と同じに育ち、学び、過ごしてきましたが、ある時パスポートの色が違うことを知ります。自分の意識と社会の中での自分が大きく離れていきます。そして、そのことが自分の子へも影響していくことになるのです。

このような連鎖を断ち切るためには、帰化して、日本国籍を取得することを考えることになりますが、日本は二重国籍を認めないので、生まれ持っている国籍は失います。

ご本人自身が帰化することを決断しても、元々の国籍を失うことに、家族から反対されることもあります。また、個々の事情によっては、帰化手続自体が複雑困難な事案もあります。これまで私たちの事務所で扱ってきた中にも幾つもありました。

現在の国籍法は、父母両系主義であって、父親だけに限らず、父母の一方が日本人であれば、その子は日本人です。男女平等の社会なのだから当然のことと感じます。

しかし、僅か30年ちょっと前はそうではなく、日本国籍を取得できなかった方々がいらっしゃること、そして、そのお客様から実際にご相談をお受けしていることを通じて、決して、この問題は歴史上の出来事ではないのだ、と知ります。

今日は、佐藤先生がいつも仕事をしながら話してくださることを私なりにまとめた内容です!(^^)

日本的三月是年度末、発紅利的公司也很多。好羨慕!?
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記