2021年03月17日

留学生の就職・・・続き

大家好(^^)

佐藤先生、正在出席在線的学習会。
是在事務所的会議室参加(*^_^*)

今回は、留学生の就職の話題、続きのお話です。

先日私たち佐藤行政書士事務所で保管している資料を整理していたら、留学生の就職に関する統計を見付けました。

ここ10年程度の直近データを比較している資料なのですが、これを見ると、留学生からの就労目的への在留資格申請は、この10年間で、なんと約4倍も増加していました。

しかも、この間の不許可件数は、実に約10倍にも膨れ上がっていることに気付き、びっくりしました・・・ (◎o◎)/

許可率自体も、年々低下していて、2019年では、遂に80%を割りました。

佐藤先生曰く「何と言っても、ミスマッチが起きているのだと思うよ」と。

どのような仕事がどの在留資格に該当するか、しないか。正確に在留資格該当性を理解することが大切になります。

たとえば専攻科目と業務との関連性等についても、見落としが無いように、しっかりと意識することが必要です。

続けて、先生「これだけ不許可件数・不許可率が高くなっていると、やはり無視できない」と話されます。

留学生に対する多くの雇用ニーズがある中で、「不許可」が増え続けていくことは、採用する企業様にとっても、留学生の皆様にとっても望ましいことではありません。

4月、5月になると、在留資格変更手続が不許可となったお客様からのお問い合わせが段々と増えてきます。

再申請に向けて検討することになりますが、元々の申請内容などによっては、取返しの付かない場面もあります。

これまでの技術・人文知識・国際業務ビザの他にも、より多角的に申請方針を検討することが重要です。

東京入管で、入管当局の収容施設としては国内発となる新型コロナウイルスのクラスターが発生したと、大々的に報道されています。

これまでも、東京入管では入場制限が実施されてきましたが、つい最近も、さらに厳しく制限されるようになっています。

この状況は当面解消されそうにありませんので、例年以上に大混雑の予感が続きます。

留学生の皆様は、例年以上に、早め早めの対応が大切なように思います。どうぞご注意ください。

学習会剛剛開始、離結束還需要很長時間。事務員的我就先告辞了。佐藤先生、辛苦了 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 18:14| 行政書士秘書の日記