2021年07月14日

会議室が元気です。

大家好 o(^_^)o

佐藤先生、今天一天外出。剛回到事務所。

私たち佐藤行政書士事務所では、先月の半ば頃から、来所されるお客様が急に増えてきました。

それまでは、オンラインの会議や打ち合わせが圧倒的に多く、時期によってはほとんど来客が無い月もありました。

会議室は、もう佐藤先生の第二の机状態・・・ (◎o◎)/ 先生の資料置場になって、どんどん積み上がります。

今までに経験したことが無い程、出入国者数が激減しているため、仕事が暇なようにも思えるのですが、実際はそうではなくて、目がぐるぐるしそうです(>﹏<)

受任中の案件が収まり切らず、来客が無いことをよいことに、資料の束が、会議室へどんどん進出していました。

やはり、お客様がお見えになられると整理整頓しますし、会議室も本来の目的で使用できます。それに何と言っても活気がありますし、良い雰囲気です。

先日も、ご友人の税理士先生がお見えになり、女性社長のお客様も加わり、三者で会議を行いました。

オンラインですと、無駄話と言うか、本題以外の話題は余りしないので、久しぶりに会うと、新しい発見もあるのですね。

なんと女性社長様、最近、地元の自治体のビジネスコンクールで優勝されたそうです。「地元」と言っても、そんな小さな町では全く無いです。人口も企業数も凄く多い東京近郊の大都市です。

行政主催のコンクールだったので、地元の有力企業や自治体関係者とも人脈が広がり、このコロナ禍の中で、次から次と新しい事業展開がありそうな様子です。

一方、最近社長様が大変期待を掛けて採用したヨーロッパ出身の女性、私たちの事務所でビザ申請手続を担当させていただいたお客様の話題が全く上がりません。

どうしてもと強いご希望があり、佐藤先生、普段にも増して、万全の態勢で技術・人文知識・国際業務ビザを申請した案件です。

佐藤先生が何度も話題を振ると、社長様、重たそうに口を開いて「先生には、言い出せなくて・・・」と。

なんと技術・人文知識・国際業務ビザが「許可」された直後、すぐに退職されたそうです。3年のビザが丸々残っています (☍﹏⁰)。

女性社長様が、全く話題にされていなかったのは・・・そうなのですね、察します。

直接お会いすると、お互いを知り、理解する良さがありますし、他方、オンライン会議は、圧倒的な便利さが魅力的です。

つい先日も、佐藤先生、札幌の会社様とオンライン会議されて、改めてこの便利さを噛みしめられていました。

2021.7.14.jpg

お客様からお土産を戴きました (^_^)V

地元のNPO法人が、地元の素材だけで拘った品だそうです。お客様の「地元愛」が詰まっていますね。

佐藤先生、対這位女社長開業以来都一直很期待。我們為顧客的進一歩成功祈祷。
posted by ビザ・バンク at 18:05| 行政書士秘書の日記