2021年11月24日

最近入管行政に思うこと。

大家好!!!

昨天的休息大家過得還好嗎??
是今年的最後一次祝日了(*^_^*)

佐藤先生、札幌出張から戻って来られました (^_^)V

どうやらここ最近の札幌入管札幌出入国管理局)は、あまり混雑していない印象のようです。

以前は、部屋の外まで順番を待っている人で溢れていましたが、最近では、そのような光景はあまり見掛けないのだそうです。

それに新千歳空港はほぼ出入国者がいませんので、空港業務が忙しくないためか、札幌入管本局で受付けた申請案件は、新千歳空港で分担して審査を行っているそうです。

そう言えば、先生、東京入管東京出入国管理局)へ出掛けるたびに、最近はいつも「空いていたよ」と仰います。

はじめて東京入管へ行かれた方でしたら、今でも、様々な人種の人々が行き交う、あの独特な雰囲気の庁舎内に入るとビックリされるだろうし、凄く混雑しているように感じられると思います。

でも、10年以上も通い続けている佐藤先生からすれば、最近の東京入管は、がらんとして、何となく大人しく感じられるはずです。

ところで、先日開始された「外国人の新規入国制限の緩和措置」はかなり批判が多いですし、評判はあまり良くないようです。

事前に準備しなければならない申請書類が複雑なだけでなく、自社の手続先となる役所がどの省庁のどの部署であるのかも分かりにくいです。

お客様の会社でも、どうにか自社を担当する部署を見付け出して問合せをされたのですが、手続が完了するまで、どのくらいの時間が掛かるか不明との返事だったそうです。

韓国内では、このような現状に対して「書類共和国、日本」と、皮肉を含めて報道されていました。

佐藤先生も「たらい回しにして、責任の所在を分かりにくくしているだけ」と仰います。

その他、入管庁からは、最近これまでの前言に反するような発表が行われていますし、朝令暮改な印象を受けます。

上記のお客様も、今回の緩和措置については、しばらくの間は様子を見られることにされました。

佐藤先生、毎次出差回来都与往常一様、書類堆成山了。辛苦了(>﹏<)
posted by ビザ・バンク at 18:06| 行政書士秘書の日記