2022年04月13日

留学生の就職状況(2022)

大家好(^^)

四月份開始、成為新社会人的各位留学生、恭喜恭喜!!!

留学生の皆様は、4月から新社会人になられた方もいらっしゃいますね。おめでとうございます m(_ _)m

私たち佐藤行政書士事務所でも、毎年、留学ビザから就労ビザへの在留資格変更手続をたくさん受任しています。

そこで、今回のブログ「秘書日記」では、今年も“留学生の就職状況”を取り上げてみたいと思います。私たちの事務所で保管している最新の統計資料をもとに、簡単にご紹介します(^_^)v

以下は、2021年11月、出入国在留管理庁発表「2020年における留学生の日本企業等への就職状況」です。

留学生から就職を目的として在留資格の変更が許可された件数は2万9689人(前年比4.1%減)だったそうです。その内訳は、次のとおりです(*^_^*)

■在留資格

1位:技術・人文知識・国際業務(2万6268人/88.5%)
2位:特定活動(873人/2.9%)

技術・人文知識・国際業務は年々低下し、本年は、ついに全体の90%を割り込みました。それに対して、特定活動は前年比3倍近くも増加しています。

■国籍/地域

1位:中国/香港・マカオを除く(1万933人)
2位:ベトナム(6582人)
3位:ネパール(3552人)
4位:韓国(1376人)
5位:スリランカ(1145人)

アジア諸国で全体の95.5%。本年は、台湾とスリランカの順位がが逆転しました。

■職務内容

1位:翻訳・通訳(1万220人/20.6%)
2位:海外取引業務(4038人/8.1%)
3位:情報処理・通信技術(3592人/7.2%)

本年は、久しぶりに情報処理がベスト3に返咲きました。

■月額報酬

1位:20万円以上25万円未満(1万4883人/50.1%)
2位:20万円未満(9528人/32.1%)
3位:25万円以上30万円未満(3297人/11.1%)

この順位は昨年と変わりありませんが、25万円以上30万円未満の占める割合が増えてきています。

■最終学歴

1位:大学(1万1392人/38.4%)
2位:専修学校(1万394人/35.0%)

大学院は、6265人(21.1%)です。一昨年に、大学院と専修学校の順位が逆転しましたが、その傾向が固定化してきています。

■就職先企業の規模

資本金500万円以下の企業等に就職した方が5736人(19.3%)で最多となり、資本金3000万円以下が1万5566人(52.4%)と約半数を占めています。

また、従業員数50人未満の企業等に就職した方が1万1435人(38.5%)と最も多いです。

■就職先企業の所在地

1位:東京都(1万2237人/41.2%)
2位:大阪府(3091人/10.4%)
3位:神奈川県(1821人/6.1%)

以下は、埼玉県、千葉県、愛知県の順です。

天気突然変得很熱、身体還不太適応(>﹏<)
posted by ビザ・バンク at 18:04| 行政書士秘書の日記