2022年09月14日

只今伸び盛りです。

大家好!!(^_^)/

佐藤先生、今天終日在事務所。予約的来客持続(*∩_∩*)

先日、ビザ更新手続の為、お客様ご夫婦が事務所へお見えになりました。

こちらのお客様は日本人のご主人様と東南アジア出身の奥様で、佐藤先生とはもう10年以上のご関係になります。

お二人は年の差が離れたご夫婦ですが、現役の頃、ご主人様は世界中で活躍される技術者でした。

正に、あこがれの技術大国ニッポンの優秀な技術者ですから、何処に行っても、きっとおモテになったと思います。

様々な事情が重なり、10年ほど前、現地で暮らしていた奥様とお子様を日本へ呼び寄せることになりました。

元々、大変優秀なご主人様ですから、はじめはビザ申請手続もご自身で行なわれました。しかし、理系と文系との違い(!?)なのか、何度挑戦されても、全く「許可」を得ることができません。

やはり「餅は餅屋」と言うことで、私たち佐藤行政書士事務所へご相談くださいました。それ以来、私たちの事務所で、ご家族のビザ手続を担当させていただいています。

佐藤先生、ご主人様とは時々お会いされますが、奥様とは、前回の在留期間更新手続以来ですので、3年ぶりの再会です。

すると先生「奥様の日本語がビックリするくらい上達している」と仰います。

どうやら今までは、市役所に行くのも、病院へ行くのも、もちろん当事務所へ来られる時も、ご主人様が仕切られていたそうです。

奥様がご自分でやろうとしても、ご主人様に仕切られてしまうので、話したり、挑戦する機会がありませんでした。

でも、いつも横で見ているし、どんどん聞き取れるようになっているので、ご自分なりに理解されていたそうです。

そんな中、この3年間で、ご夫婦の関係が随分と変わってきているご様子なのだそうです。

ご主人様が段々とご高齢になるに従って、これまでのように、奥様のことを全部仕切ることが難しくなりました。

市役所へも、奥様ご自身で出掛けて、手続を行なうようになりましたから、お蔭で、どんどん日本語能力や生活能力もUPしています。

色々お客様を見ていても、やはり日本での生活を始められた当初が一番で、滞在歴10年を過ぎてから、こんなに上達される方は珍しいです。

ご自分で出来るようになると、自信にも繋がります。先生も「めちゃめちゃ伸び盛りだね」と本当に嬉しそうです。

できれば、この勢いで日本語能力試験にも挑戦してほしいのですが、それとこれは別らしく「勉強は好きではない」ご様子です・・・(>﹏<)

2022.9.14.jpg

お客様から、お土産を戴きました。
とても上品で、高級です。太謝謝了 m(_ _)m

佐藤先生、今天、還有会議的予約!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:25| 行政書士秘書の日記