2024年01月10日

新年好(2024)!

新年好\(^o^)/
請大家、今年也多多関照。

長い、お正月休みをいただきました(*^_^*)

このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、今週は、今年の第1号となります。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

佐藤先生、今年も、東京からの仕事始めです。

2024.1.10-1.jpg

こちらは、地元、大崎(東京都品川区)の居木神社です。先生、東京にいらっしゃるときは、初詣ではなくて、必ず年の瀬に参拝されます。

2024.1.10-2.jpg

大崎駅方面から社殿へ続く参道もただいま大規模再開中。ここに地上37階、地下3階のビルが建設される予定です。

まだまだ大崎周辺には大規模再開発の計画が幾つもあり、街の様子が目まぐるしく変化しています。

放了長假、精神充沛。今年、我們佐藤行政書士事務所全体職員、也会為顧客們、尽最大的努力!(^^)
posted by ビザ・バンク at 17:55| 行政書士秘書の日記

2023年12月13日

皆様、良いお年を!

大家好!!(^_^)/

今年、最後的「秘書日記」了。
非常感謝、大家対私們的関照 ☆〜(ゝ。∂)

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、今週が年内最後の「秘書日記」となります。皆様、今年も1年間、どうもありがとうございました。

今年を振り返ると、コロナで足踏みしていた大阪が漸くスタートできました。丸まる3年間も止まってしまいましたが、その分じっくりと温めることもできました。

先生、東京と大阪の車での往復もだいぶ慣れてきましたし、地元の仲間も増えてきました。今まで知らなかった大阪の魅力を満喫されています。

来年は、引続き札幌と大阪にも力を入れ、海外出張も増やしていきたいと考えています。

最後に、ご報告です。

佐藤先生、年末年始は東京で過ごされる予定です。来年の仕事始めは東京からのスタートになります。

私たち佐藤行政書士事務所は少し長めにお休みを頂き、新年第1号のブログ「秘書日記」は1月10日(水)を予定にしています。

これからも、もっともっと、お客様の力になれますよう、佐藤行政書士事務所職員一同、頑張ってまいります。

少し早めですが、皆様、どうもありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ m(_ _)m

祝大家、過個好年!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:05| 行政書士秘書の日記

2023年12月06日

目黒川みんなのイルミネーション/2023

大家好(^^)

東京這里、最近一直覚得気温突然変冷、沒想到・・・。

今年も目黒川みんなのイルミネーションの季節です(^_^)V

私たち佐藤行政書士事務所の地元、大崎・五反田エリア(東京都品川区)では、毎年この時期になると、“みんなで咲かせよう冬の桜”と言って、目黒川沿いの桜並木道にLEDライトで桜の花を咲かせるイベントを開催しています。

2023.12.6-1.jpg

この「目黒川みんなのイルミネーション」は、露店が並んで大勢で食べ歩きを楽しむようなスタイルとは違います。

2023.12.6-2.jpg

冬の桜と言って、自家発電で目黒川沿いに灯されたイルミネーションを静かに観賞しながら散歩します。

2023.12.6-3.jpg

いまはオフィス回帰の流れが増えてきているそうですし、今年は、仕事帰りに写真を撮られている方をたくさん見掛けました。

2023.12.6-4.jpg

点灯時間は17時から22時まで、来年1月8日まで開催されるそうです。

2023.12.6-5.jpg

ただいま目黒川沿いも大規模再開発中。2026年度の完成を目指しています。

当事務所へお越しの際は、立寄ってみてください。とても素敵です!(^^)

週末最高気温会達到二十度。各位請多々注意身体管理啊。
posted by ビザ・バンク at 18:03| 行政書士秘書の日記

2023年11月22日

小小客人来拝訪。

大家好!!(^_^)/

明天是周四、很罕見是休息日。也是今年最後的祝日 (^_^)V

先日、とても小さな客人が私たち佐藤行政書士事務所を訪問してくださいました。

前回は、まだ会話もままなりませんでしたが、もう3歳のお兄ちゃんです。佐藤先生と上手におしゃべりすることも出来るようになりました。

ちょうど上京される用事があり、ご家族揃って、私たちの事務所へお越しくださいました。外国人のお客様と日本人の奥様、それから息子様です。

佐藤先生、お客様ご家族とお会いになられるのは、ちょうど1年ぶりくらいだと思います。

先生「仕事のペースが掴めてきたのだと思う!」と、すごく嬉しそうでした。

お客様は、もともと東京近郊にお住まいでしたが、新しい仕事のため地方へ転職されました。このことは大きなチャンスであると同時に未知の不安もありました。

不安と期待が入り混じりながら、お客様が転職先へ向かわれたことをご存知ですし、どうにか成功してほしいと、先生、ずっと心に願っていました。

それが、今回、お客様とお会いして、今までとは違う自信に溢れている表情がとても伝わったようです。

日本人と同じ土俵で相撲をしようとしても、なかなか勝つことは難しい。もっと言うと、お客様の職業分野では無理に等しいと思う。

でも逆に、自身の外国人としての利点や長所を最大限武器にする。そして、こんなに上手に日本語を使い、日本社会を理解して、定着もしている。

これこそがお客様の真の価値であるし、同業の日本人には叶わない大きな特長だと、佐藤先生、力説されます!?

そう言えば、すっかり忘れていましたが(>﹏<)私も、昔、先生から同じようなことを言われました。

電話の応答などでは、相手が見えないので、とくに緊張してしまい、日本人と同じようなペースで会話を進められないことを悩んでいました。

その私に対して、当時、先生は、日本人と同じようにやろうとするのではなく、自分が外国人であることを最大限アピールしなさいと、仰いました。

これくらい日本語で上手に会話している私が外国人であることが分かれば、皆、きっと驚くし、熱心に、好意的に私の話を聞いてくれるようになるよ、と。

2023.11.22.jpg

お客様から地元のお土産をいただきました!!!
太謝謝了 m(_ _)m

佐藤先生的伝言(*^_^*)
下回請一個人随意地過来和佐藤先生干杯、干杯!!

<お知らせ>
このブログ「秘書日記」は、毎週水曜日に、いつもUPできるように心掛けているのですが、来週は、担当アシスタントが休暇をいただきましたので、お休みします。
posted by ビザ・バンク at 18:04| 行政書士秘書の日記

2023年11月15日

実録留学生の就労ビザ:2

大家好!! (^_−)−☆

佐藤先生、今天一早去東京入管。从這個月開始、一直使用的専用窓口移動了。

前回は、社長様とご本人様が揃って、就労ビザへ在留資格変更をご依頼されるために、事務所へお見えにならましたが、このままでは、許可の目途が立たないことをお話しました。

今回は、10分間の休憩を挟んでご相談の続きから・・。

先生、自室から会議室へ戻って来られました。

そうすると「どうしましょうか?お二人でどんな話をされましたか?」とお尋ねになられます。

社長様からは、どうしても採用したい人材、ご本人様からは、この会社でどうしても働きたい。しかも、遠い将来は別として、今の時点では、別の職務内容に変えることもできないと仰います。

ご本人様は、東南アジア出身の留学生様ですが、佐藤先生、とても日本語能力が高いことを感心されているご様子です。

私も元留学生ですが、中国人の留学生は同じ漢字圏ですので、皆、日本語能力が非常に高いです。N1も当たり前、何回も合格している人も多数います。

しかし、それは中国人だからであって、東南アジア出身の留学生様が同じように日本語能力が高いとは限りません。

すると、先生「どうしてN2なの?N1も合格できると思うよ」と。

こちらのお客様は、現在N2をお持ちです。しかも、日本へ留学する前、本国で受験されて合格されたそうです。

その後に来日、日本語学校へ入学し4年制大学へ進学されました。現在、N1に合格する実力は十分あるはずです。

佐藤先生「もしN1に合格すれば、就労ビザへ在留資格変更の道が開かれるよ」と。

比較的新しい資格で、留学生の就職支援のため在留資格「特定活動」(本邦大学卒業者)というビザがあります。

技術・人文知識・国際業務ビザでは、希望されている職務内容には該当しないので、許可される目途が立ちません。

しかし、こちらの新しい在留資格でしたら、多少の見直しをするだけで許可される可能性が高いから、職務内容を変える必要もありません。

唯一問題となるのは、現状のままではダメで、ご本人様がN1に合格しなければならないことです。

私も留学生の頃を思い出すと、大学への通学とアルバイトに日々追われていて、日本語能力試験を受験する余裕がない気持ちは分かります。

それに、N1レベルになると、日常の会話では足りないので、受験用に勉強や対策も必要になってきます。

この場では決められないだろうから、社長様とご本人様でじっくり話し合って決めるように助言され、ご相談が終了となりました。

あとは、ご本人様同士で、よくよく話し合って、最良の方法を見付けていただきたいと思います。

最後に、私、今回のご相談を通じて、やはり早くに相談することが何よりも大事だと、改めてつくづく思いました。

日本語能力試験は年2回しか実施していませんので、時期が遅ければ間に合わなくなってしまいます。

今回のご相談でも、もしギリギリのタイミングでしたら、このような方法は候補にさえ挙がらなかったはずです。

東京入管一直都是人很多、沒有方法。受付窓口也経常変更。請大家多々留意!(^^)
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2023年11月08日

実録留学生の就労ビザ:1

大家好(^^)

今天是立冬。不過、一点也沒有感到冬的気分(>﹏<)

私たち佐藤行政書士事務所では、留学生や就活中の元留学生の方からご相談をお受けする機会があります。

先日も、そんな就活生のお客様が就職希望先の社長様とご一緒に、事務所へお越しになられました。

日本人とは異なって、外国人の就職活動には職務内容や経歴など、様々な在留資格上の制限があります。

最近では、雇用会社様側でも理解が進んでいて、日本人の場合とは同じでないことが大分広まってきているように感じます。

しかし、詳しい制限の内容や手続事項までは十分ではなく、今回の社長様も具体的にはご存じありません。

ご相談内容は、お客様の会社で働けるように、就労ビザへ在留資格変更手続を依頼したい、ということです。

普段、お客様のご相談時にアシスタントが同席することはありませんが、こちらのお客様は、特別な事情があって、私も同席しました。

佐藤先生のご相談の様子を伺える滅多にない貴重な機会でしたので、私なりの目線で、ご紹介したいと思います。

まず最初に、ご本人様から、本国や日本での経歴、大学での専攻や成績、留学中のアルバイト状況等をお聞きしたところ、特に問題は無さそうです。

次に、社長様に、会社の概要や事業内容、ご本人様を採用するに至った経緯や動機なども詳しくお聞きし、こちらも大丈夫そうです。

しかし、社長様が職務内容についての説明を始められると、佐藤先生、突然、筆が止まりました。

それまでは、ずっと「うん、うん」と頷きながら耳を傾けられていたのに、表情が明らかに違います。

当初からお聞きしていた会社様の業務内容であったり、ご本人様の経歴等も踏まえて、今回は、技術・人文知識・国際業務ビザへの在留資格変更手続が相応しく、その前提で進めてきました。

しかし、社長様がお話される職務内容では、技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格に該当しません。

先生が、色々と質問されて、たとえば会社の将来の事業展開であるとか人事計画等をお尋ねになるのですが、どうお聞きしても技術・人文知識・国際業務ビザには当てはまりません。

ですので、佐藤先生、ここで一旦話を中断されました。折角の採用内定ですが、この内容では就労ビザへ在留資格変更が許可される目途はありません。

社長様もとても驚かれています。外国人採用は今回が初めてで、まさかビザが許可されないとは考えられていなかったようで、大変ショックなご様子です。

すると、先生「10分間の休憩を入れましょう」と仰います。10分後に、会議室に戻って来られるからと、一旦退席されました。

・・・・

ちょっと長くなってきましたので、今日は一旦ここで終わりにします。後半は次回にお話したいと思います!(^^)

対了、最近、佐藤先生一直説熱、重新又開空調超了。
posted by ビザ・バンク at 17:57| 行政書士秘書の日記

2023年11月01日

大阪市生野区の話!

大家好!!!

今天已経是十一月了・・・ (◎o◎)/
大家、過得還好嗎??

先日、大阪在住の行政書士先生から大阪市生野区の話題をお聞きしました。

東京都は23区ですが、大阪市には24区もあるのですね、本題に入る前からビックリしました。

佐藤先生曰く「東京都は特別区だから」と。同じ区であっても意味が違うようですが、それでも札幌市は10区です。

やはり大阪は日本の代表する大都市ですね。今日は、そんな大阪市24区の1つ、生野区の話題です。

皆様、大阪市生野区のことをご存知ですか?

行政書士先生のお話によると、日本で最も外国人住民の比率が高い自治体なのだそうです。

大阪市生野区の総人口は約126,000人ですが、このうち20%以上が外国人住民になります。その中でも、韓国・朝鮮系の方が多く、区民全体の約15%を占めているとのことでした。

前々回、このブログ「秘書日記」でも話題にしましたが、現在、日本に住む在留外国人数は約322万です。これを総人口に占める割合で見ると約2.5%くらいになります。

東京都では新宿区が外国人の割合が多いイメージですが、それでも10%を越える程度ですから、大阪市生野区はすごい数だと思います。

行政書士先生はご自身も同区出身で、小学校のときは、同じクラスに韓国・朝鮮系のお友達が何人もいたそうです。

現在、在留外国人数は、日本の歴史上、過去最多を更新していますが、それでも、総人口の僅か2%ちょっとです。大阪市生野区が突出しているとしても、まだまだ増えていく余地は十分あるはずです。

人口問題研究所の推計によると、2070年頃には、日本の総人口に占める外国人の割合は10%程度になると予測されています。

距離年末、還有六十天了。我不知不覚有一点着急。

【ちょっとご紹介】
大阪市生野区にはマスコットキャラクターがいて、その名前は「いくみん」らしいです。区役所では、生野区を紹介する動画も公開していました。なかなかディープですが、私、嫌いではありません (^_^)V
https://www.youtube.com/shorts/38oHc73ji-E
posted by ビザ・バンク at 18:02| 行政書士秘書の日記

2023年10月25日

在留カードの「就労可」

大家好!!(^_^)/

佐藤先生、今天、从現在開始外出参加会議。
一直到很晩辛苦了 m(_ _)m

先日、ある会社の社長様からご相談をいただきました。

こちらは、数名の外国人従業員を雇用している会社様で、ここ最近、外国人材を積極的に採用されています。

ちょうど今頃、最初に採用された外国人の方々が、段々と在留期間更新の時期を迎えるようになり、様々な問題が起こっているようです。

そこで会社内でも、入管法や実務の情報を収集したり、担当者様が熱心に勉強されていらっしゃいます。

しかし、勉強を進めれば進めるほど、会社内の様々な問題点に気が付き、このままでは大変な事態になってしまうと危機感をお持ちです。

守秘義務の関係から、具体的な事案については触れることができませんが、広く参考になる事例ですので、少しご紹介したいと思います。

そもそも、こちらの会社様が外国人を採用するようになったのは、ある人材紹介会社様がきっかけだったそうです。

当時、外国人を採用したことも無く、何も分からないまま初めての外国人材を雇用しました。

人材紹介会社様からは、ご本人様の在留カードを示されて、ここに「就労可」と書いてあるから問題ないと説明を受けました。

当時はそんなものかと、あまり気にもしませんでしたが、その後、外国人従業員の人数が増えていき、社内での重要性が高まってきました。

このまま気掛かりな在留資格上の問題を放置すれば、いつかは全員が在留資格を失い、就労できなくなる心配があります。

そうなれば、会社は業務が回らなくなり、倒産してしまう。それほどまで重要性が高まっていました。

佐藤先生「以前にも、類似の事案は何度かあるね」と仰います。

そうですね、上場企業様や有名大企業様でも、5年くらい前までは、このようなご相談が多くありました。

皆様、在留カードに「就労可」とあるから問題ないと、人材紹介会社様の説明を鵜呑みにされているご様子です。

しかし、これはとて専門性が高い分野ですし、在留カード上の数文字だけで、必ずしも判断できる訳ではありません。説明している側が、どこまで正しく把握できているかも不明です。

だからと言って、雇用する側が責任を免れるはずはなく、コンプライアンス上の深刻な問題へ発展したり、犯罪となる危険もあります。

本件では、社長様をはじめ、かなり意識が高まってきていますので、会社内での協力体制も大いに期待できます。

佐藤先生も「簡単ではないけど、1〜2年くらい掛けて、きちんと情報を整理して、手続を準備していこう」と。

時間も労力も掛かる骨の折れる難題ですが、先生、どうやら受任される覚悟のご様子です。

私たち佐藤行政書士事務所職員一同も、しっかりと会社様・外国人従業員様をサポートして参ります。

対了、今天是発工資日!!太謝謝了 (^_^)V
posted by ビザ・バンク at 18:03| 行政書士秘書の日記

2023年10月18日

日本の歴史上、過去最多。

大家好(^^)

各位、知道今天是何日嗎??

佐藤先生、出入国在留管理庁から発表された統計上の数字が気になられるようで、最近この話題を何度もされます。

と言うのも、先週13日に出入国在留管理庁は3件の統計資料を発表し、マスコミ各社でも大きく報道されました。

この3件の中でも、報道では「今年上半期の外国人入国者数が前年比約17倍」とか「外国人入国者1000万人超」と、今年上半期に日本へ入国した外国人が、昨年と比べて約17倍、1100万人を超えたという話題を大きく取り上げています。

たしかに「インバウンド」とか「外国人観光客」は今のキーワードですし、何よりも「17倍」や「1000万人」という単語にはインパクトがあります。

ただ、佐藤先生が盛んに話題にされているのは、この外国人入国者数のことではありません。

先生は、同時に発表されたもう一方の統計資料で、今年6月末現在における在留外国人数のことが気になられるようです。

今年6月末時点で、日本に住んでいる在留外国人は322万3858人で、日本の歴史上、過去最多になります。この半年の間にも約15万人が増加しています。

コロナ禍の下では、在留外国人数は2期連続で減少しましたが、昨(2022)年末には逆転し、300万人を超え、今回の発表でも過去最多を更新しました。

10年前(2013年末)の在留外国人が206万6445人ですから、この10年間で1.5倍以上に増加しています。人数で見ると115万7413人になりますが、これは仙台市の人口を超えます。

佐藤先生、この10年の間に、仙台市の人口を超える外国人が、日本で新たに住み始めたということだから、これは、とても大きな数字だと仰います。

それから、この発表された統計資料では、国籍別の在留外国人数も分かるのですが、ベスト3は中国、ベトナム、韓国の順になります。

中国→ベトナム→韓国と並ぶと、なんとなく、そんなものかとも思うのですが、しかし、よく読込んでいくと、様々なことが分かってきます。

第1位の中国は、今年6月末時点で78万8495人ですが、10年前(2013年末)は64万9078人で、増加率は約20%です。

これに対して、第2位のベトナムを見ると、今年6月末時点で52万154人、10年前(2013年末)が7万2256人ですから、なんと6倍以上も増加しています。

さらに、第3位の韓国では、今年6月末時点で41万1748人、10年前(2013年末)が48万1249人なので、増加どころかマイナスになっています。

国籍別の上位3国ですが、数字をよく読んでいくと、その傾向や特徴が全く違うことが分かります。

佐藤先生は、いつも報道された数字だけではなくて、その原典に当たることが大切だと仰られていますが、その通りだと思います。

このブログ「秘書日記」では、これ以上の考察は踏み込みませんが、どうして、上位3国にこのような違いが生まれるのか、背景を探るとさらに理解が深まります。

それから、この統計資料では、国籍別だけではなくて、在留資格別にも在留外国人数が発表されています。

同じように分析していくと、いまの日本にはどのような外国人材が滞在しているか現状が分かるだけでなく、将来、どのような外国人材が求められるようになるか、増えていくのか、様々なことが見えてくると思います。

今天恰好是統計的日・・・ (◎o◎)/
正好的話題、不知佐藤先生可否知道!?
posted by ビザ・バンク at 18:08| 行政書士秘書の日記

2023年10月11日

人生初挑戦。

大家好!!(^_^)/

大家、三連休過得還好嗎??

佐藤先生、大阪出張より戻って来られました。

今回の出張は、先生の本業の他にも、メイン(!?)の用事があって、かなりお疲れの様子です(>﹏<)

と言うのも・・・

私たち佐藤行政書士事務所では、大阪に、外国人のお客様が来日された時のために宿泊施設を保有しています。

外国人の好みに合わせて(否、先生の好みかもしれません!?)、日本式のお庭と庭木が特徴になります。

時代劇に登場しそうな大きな木々とか生垣が素敵で、外国人のお客様には好評ですが、なかなか維持が大変です。

これまで、お庭の手入れや庭木の剪定等を地元の職人様にお願いしてきたのですが、急遽作業できなくなってしまいました。

替わりの方を探していたのですが、いまは人手不足で、本当に見付かりません。もう何ヵ月もずっと探してきたのですが、全く駄目です。

一方で草木は待ってくれませんので、雑草や枝葉は伸び放題、生え放題です。もう、このままではお化け屋敷になってしまいそうです。

そんな状態を見兼ねた佐藤先生、先日、突然、近くの本屋さんで「剪定入門」なる本を買って来られました。

私、まさかと思ったのですが・・・先生「僕が切ってくるよ」と。

庭木の剪定なんて、人生一度もやったことはありません。もっと言ってしまうと(お気に入りの木々ですが)庭木の名前さえ知りません・・・ (◎o◎)/

それでも、このまま放置する訳にはいかないし、夢の中にも出てきたから(!?)と、わざわざ片道500km以上も掛けて、庭木を切りに向かわれました。

ヘトヘトにお疲れのご様子なので、先生に感想をお聞きしましたら「楽しかった!」そうなのです。

ただ、高い所に手が届かなかったことが心残りのようです。今回は時間切れでしたが、次回、はしごを買って、残りを剪定したいと意欲満々です。

2023.10.11.jpg

たしかに頭でっかちで、バランスが・・・。

裏庭にも背の高い木がたくさんあるので、先生、頑張りましたね。まずは辛苦了!

毎回可太辛苦了。希望尽快找到適合的植木職人。
我也加油 (・o・)ゞ
posted by ビザ・バンク at 18:03| 行政書士秘書の日記